ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2022.11.15食トレンド

注目のブランド和牛「鳥取和牛オレイン55」を使ったガラディナー&フェアを開催中 |銀座【アルジェント】

東京・銀座にあるフレンチレストラン【アルジェント】では、料理長・鈴木健太郎シェフによる「鳥取和牛オレイン55」を味わえる特別コースを2022年11月20日(日)まで期間限定で提供中です。コースの紹介と鳥取和牛の魅力について、この日行われた「鳥取和牛を味わう美食の饗宴」のレポートと共にお届けします。

注目のブランド和牛「鳥取和牛オレイン55」を使ったガラディナー&フェアを開催中 |銀座【アルジェント】

「鳥取和牛オレイン55」を味わえる
期間限定メニューを提供中

東京・銀座にあるフレンチレストラン【アルジェント】では、料理長・鈴木健太郎シェフによる鳥取和牛をメインに据えた特別コースを提供中です。鳥取和牛は全国のブランド牛の始祖と言われる「気高」号の血を引き継いでおり、赤身と脂のバランスが絶妙で、脂はまろやかで甘く、赤身にコクがあるためあっさり軽やかな後味が感じられます。

    鳥取県で飼育され55%以上のオレイン酸を含む黒毛和牛「鳥取和牛オレイン55」

    鳥取県で飼育され55%以上のオレイン酸を含む黒毛和牛「鳥取和牛オレイン55」

  • 第11回「全国和牛能力共進会」で肉質日本一に輝く

    第11回「全国和牛能力共進会」で肉質日本一に輝く

  • 【アルジェント】料理長の鈴木健太郎シェフ

    【アルジェント】料理長の鈴木健太郎シェフ

鳥取和牛の中からオレイン酸を55%以上含む牛肉を「鳥取和牛オレイン55」としてブランド化。肉質は柔らかく、口どけがよいことから、2017年「全国和牛能力共進会」では肉質日本一を獲得しています。

そんな「鳥取和牛オレイン55」をメインに据えた特別コース(ランチ、ディナー)を、2022年11月20日(日)まで【アルジェント】にて堪能できます。

【アルジェント】鳥取和牛フェア「シェフの推し牛(ぎゅう)×秋の実り」

・提供期間:~2022年11月20日(日)まで
・提供コース:下記コースのメイン料理としてご提供いたします。
[ランチ]1万8645円、3万1075円
[ディナー]2万1131円、3万1075円
※いずれも税・サービス料込

ボキューズ・ドール国際料理コンクール
出場シェフによる一日限りのガラディナー

去る10月25日、ボキューズ・ドール国際料理コンクール出場シェフによる「鳥取和牛を味わう美食の饗宴」が開催されました。料理を振舞ったのは、【星のや東京ダイニング】料理長・浜田統之シェフ、【アントル ヌー】オーナーシェフ髙山英紀シェフ、そして2023年にフランス・リヨンで開催される第19回ボキューズ・ドール国際料理コンクールに日本代表として挑戦する【アルジェント】スーシェフ・石井友之シェフ。

    左から、【星のや東京ダイニング】浜田統之シェフ、鳥取県知事・平井伸治氏、【アントル ヌー】髙山英紀シェフ、【アルジェント】スーシェフ・石井友之シェフ

    左から、【星のや東京ダイニング】浜田統之シェフ、鳥取県知事・平井伸治氏、【アントル ヌー】髙山英紀シェフ、【アルジェント】スーシェフ・石井友之シェフ

浜田シェフは2005年と2013年にボキューズ・ドール国際料理コンクールに出場し、2013年大会では日本人最高位となる3位のブロンズを獲得。髙山シェフは2015年と2019年に日本代表として出場。そして、石井シェフは2023年に開催される第19回ボキューズ・ドール国際料理コンクールに出場されます。

そんなボキューズ・ドール国際料理コンクール出場シェフたちによる鳥取和牛を使ったこの日限りのコースはこちら。(鳥取和牛フェアとは内容が異なります)

  • AMUSE『鳥取和牛 ランプ×パプリカ』(石井友之シェフ)

    AMUSE『鳥取和牛 ランプ×パプリカ』(石井友之シェフ)

  • ENTREE『鳥取和牛 ロース×長ネギ』高山英紀シェフ

    ENTREE『鳥取和牛 ロース×長ネギ』高山英紀シェフ

  • ENTREE『鳥取和牛 出汁×ズワイガニ』浜田統之シェフ

    ENTREE『鳥取和牛 出汁×ズワイガニ』浜田統之シェフ

  • POISSON『鳥取和牛 牛骨×平目』石井友之シェフ

    POISSON『鳥取和牛 牛骨×平目』石井友之シェフ

    VIANDE『鳥取和牛 フィレ×ボキューズ・ドール』石井友之シェフ

    VIANDE『鳥取和牛 フィレ×ボキューズ・ドール』石井友之シェフ

  • AVANT DESSERT『新興梨 ×田村商店 甘酒』アルジェント

    AVANT DESSERT『新興梨 ×田村商店 甘酒』アルジェント

  • DESSERT『輝太郎 ×ほうじ茶』アルジェント

    DESSERT『輝太郎 ×ほうじ茶』アルジェント

和牛をタルタルにした前菜や、フレンチでは珍しい和牛ロースのしゃぶしゃぶ、さらに鳥取出身の浜田シェフは、同じく鳥取の名産の蟹を組み合わせるなど、さまざまな食材との組み合わせや調理法で鳥取和牛のおいしさを表現。メイン提供時は、ボキューズ・ドール国際料理コンクールさながらのプラッター盛りで登場。浜田シェフと髙山シェフがワゴンをひいて登場する粋な演出で会場を沸かせました。

    日本代表選考の時に、実際に石井シェフが使用されていたプラッター

    日本代表選考の時に、実際に石井シェフが使用されていたプラッター

そんな貴重な体験とともに、鳥取和牛の美味しさを十分に堪能できた一日限りのガラディナー。

こちらのメニューとは異なりますが、みなさまもぜひ【アルジェント】で開催中のフェア『シェフの推し牛(ぎゅう)×秋の実り』で鳥取和牛の美味しさを味わってみてください。

この記事を作った人

取材・文/嶋亜希子(ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(11/27~12/3)

エリアから探す