ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.02.27食トレンド グルメラボ

下町の老舗から穴場まで! 東京の美味しいおでん屋3選

日々寒さが増す今日この頃。こんな日は出汁がじっくりと染み込んだ「おでん」が食べたくなりますよね。今回は、東京都内の老舗から穴場まで、絶品おでんが食べられるお店をご紹介します。今晩の夕食はおでんに決まりです。

アプリで見る

東京下町の美味しいおでん屋3選

お土産の『つぼ土産』も好評。老舗おでん屋【浅草おでん 大多福】

    ほんのり甘めの味わいが魅力

 「入谷」駅から徒歩10分。灯篭や坪庭など下町風情漂う店構えが特徴の【浅草おでん 大多福】。ここは大正4年創業の老舗おでん屋として知られる名店です。店内はカウンター席と小上がりのテーブル席に分かれており、カウンターでは煮立つおでんが目の前で供され、テーブル席では熱々のおでんが頂けるようにお鍋が用意されています。
 昆布に鰹、白醤油の香り高いお出汁はやや甘めで、じっくりと煮込んだ大根、ふんわりと甘みが広がるはんぺんなど、食べるものみな唸る美味しさ。
 また壺の中におでんがたっぷりと入った『おでん つぼ土産』(2人前/5000円税込)も好評。手土産だけを買いに来る客も多いといいます。

シンプルかつインパクト大。【日本橋 お多幸本店】の名物『とうめし』

  • 絹ごし豆腐が豪快に乗せられた『とうめし定食』670円

  • 『おでん定食』はおまかせ又はお好きな種を18種類から4品選べます

 大正12年創業、日本橋にある純関東風おでんの名店【日本橋 お多幸本店】。こちらの名物『とうめし』は、茶飯の上にたっぷりと出汁が染み込んだ絹ごし豆腐が乗せられており、シンプルかつインパクト大。ご飯にもタレがたっぷりとかけられており、ご飯と豆腐とタレのハーモニーがクセになります。しかも、こんなにボリュームたっぷりで670円はとてもお得ですよね。
 現在、数店舗を構える関東おでん店として有名ですが、この『とうめし』が頂けるのは、日本橋にある本店だけ。昼は定食として、夜は〆として外せない逸品です。

『出汁割り』が最高の立ち飲みおでん屋【丸健水産】

  • 朝10時から開店している【丸健水産】

  • ワンカップ酒とともにどうぞ

 JR「赤羽」駅から徒歩1分、せんべろの店として知られる【丸健水産】。おでん種の製造・販売がメインですが立ち飲みスペースも併設しており、その場で頂くことも可能です。
 出汁は関東風で、おでん種は大根や卵など定番のものから、ニラや人参、ごぼうが入った練り物『スタミナ』など、変わり種も揃っています。とくに練り物は全て手作りで、魚の旨味がぎっしり詰まった人気商品ばかりです。
 また、ワンカップ酒を半分まで飲んだら出汁で割る『出汁割り』もこちらの名物。辛口の日本酒とかつお出汁との相性は抜群です。おでんとともにどうぞ。

 これから本格的な寒さがやってきます。仕事帰りに、日本酒と熱々のおでんで身も心も温かくなってはいかがでしょうか。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(11/18~11/24)

エリアから探す