ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.02.22グルメラボ

冬に食べたいおいしいおでん 5選|大阪

寒くなると恋しくなる外食と言えば、おでん。じゅわっとだしの染み入る大根や練り物をハフハフ食べれば、おなかも心もポカポカになりますよね。そんな時に訪れたいおでん店を、大阪で5軒厳選しました。いずれもだし自慢、味自慢の名店ぞろい。チェックしておけば、活用できること間違いなし!

梅田ごだいごのおでん

淀屋橋【鶏だしおでんと干魚の店 大衆酒場 ほし寅 淀屋橋店】

3日間煮込んだ鶏ガラスープに昆布を合わせただしが決め手

    【鶏だしおでんと干魚の店 大衆酒場 ほし寅 淀屋橋店】のおでん

    味の決め手はこだわりのだし

【鶏だしおでんと干魚の店 大衆酒場 ほし寅 淀屋橋店】の看板メニューは『鶏だしおでん』。その味の決め手は、3日間煮込んだ鶏ガラスープに昆布を加えた、こだわりのだし。それを90円からとリーズナブルに楽しめるのも、選ばれる理由です。おでんのほかにも、九州から直送される『干物』を厳選した日本酒で味わうことができます。

    【鶏だしおでんと干魚の店 大衆酒場 ほし寅 淀屋橋店】の内観

    2階にはグループで利用できるテーブル席、最大24人まで収容可能

店は、淀屋橋駅から3分とアクセス便利。店内はノスタルジックな雰囲気で、懐かしい記憶を思い出させてくれそうです。1階には15席のカウンター席があり、お1人さまや少人数など、自分の時間を大切にしたい人にぴったり。2階はグループや団体利用に便利なテーブル席のフロアで、のんびりと食事を満喫できます。飲み放題付きの宴会プランもあり、貸し切りなら、最大40人まで対応可能。各種宴会や、大人の女子会にもオススメの一軒です。

心斎橋【焼鳥 地鶏と鶏だしおでん 鷹仁 心斎橋本店】

大山地鶏の奥深い旨みが感じられるだしが決め手に

    【焼鳥 地鶏と鶏だしおでん 鷹仁 心斎橋本店】のおでん

    人気の盛り合わせ『鶏出汁おでん盛り合わせ5種』

【焼鳥 地鶏と鶏だしおでん 鷹仁 心斎橋本店】は、絶妙な焼き加減で、濃い旨みと部位ごとの歯ごたえを楽しむ大山地鶏の焼鳥と、おでんの店です。奥まった立地は隠れ家感があり、誰かに自慢したくなることうけあい。こちらのおでんは「鶏だし」がしっかりと染みわたる一品。大山地鶏を使った「鶏だし」の奥深い旨みを、各地の珍しい焼酎や地酒と一緒に楽しめるのも、この店ならではです。お好みの具をアラカルトでオーダーするのはもちろん、その日のオススメを盛り合わせて提供する、『鶏出汁おでん盛り合わせ5種』なら、一通りのネタが揃っていて初心者でも間違いなしです。

    【焼鳥 地鶏と鶏だしおでん 鷹仁 心斎橋本店】の店内

    会社帰りに軽く飲みたい時や、デートにぴったりなカウンター席

店は心斎橋駅から徒歩5分で、会社帰りにもよりやすい好立地。肩肘張らずにくつろげる店内には、目の前で焼き上げる焼鳥と、だしの香りを五感で満喫できるカウンター席に加え、和モダンな個室もスタンバイ。ご家族連れにもオススメです。

岸和田【kappou hiroshi】

目利きで仕入れる旬食材が登場する『本日のおすすめ』おでんを

    【kappou hiroshi】のこんにゃく田楽

    自家製の田楽みそがおいしい『おでん こんにゃく田楽』

こちらの季節感あふれるおでんは、多い時で、25種類ものねたが揃い踏み。なかでも人気は、店主が自らの目で確かめた旬の素材が登場する『本日のおすすめ』です。毛蟹や飯蛸など、季節の味わいが入れ替わりで登場し、五感を楽しませてくれます。日本酒、焼酎、ワイン、ソフトドリンクまで幅広く揃うドリンクと共に満喫してみては。

    【kappou hiroshi】の内観

    テーブル席をつけて、8名掛けの宴会用の席も用意できる

【kappou hiroshi】は、岸和田駅から徒歩8分の立地にある、知る人ぞ知る和食店。木造で落ち着いた雰囲気で、基本は4人がけのテーブル席ですが、くっつければ8名のテーブル席にもアレンジ可能。大人4人が座れる座敷席もあり、子どもや赤ちゃん連れのファミリーにもオススメです。

予約カレンダー
カレンダーで他の日を見る

北新地【北新地 六根】

大鍋でぐつぐつ炊き上がるおでんを眺める至福の時を

    【北新地 六根】のおでん

    やわらかくだしの染みた、滋味深いひと皿『定番のおでん 大根』

こちらで味わえるおでんには、大根や牛すじほか定番の具材はもちろん、トマトなど、一風変わった洋風タネもスタンバイ。どの具材もひと皿ひと皿、丁寧に盛り付けて提供されます。そして、おでんの風味に合わせてセレクトするお酒も、季節によって、随時入れ替えてくれるのがうれしいポイント。目の前の大鍋を見て、「次はどれにしようかな?」と考えを巡らせながらお酒をいただく。そんな至高のひと時を過ごせます。

    【北新地 六根】の内観

    木材を多用した、情緒あふれる和の空間

店内に一歩足を踏み入れると、目に入るのが大きなおでん鍋。カウンターから、多くの具材が一挙に並んで焚き合わさっている光景に、おいしさへの期待が高まります。秘伝のだしは、北海道産の高級真昆布や鰹、鰯、干し椎茸などの天然素材を使用。ここでしか味わえない、黄金比率の滋味深いだしに仕上がっています。

梅田【梅田ごだいご】

あっさりなのにコクがある京風だしは、飲み干したくなるおいしさ

    【梅田ごだいご】のおでん

    だしもタネも吟味を重ねる『京風おでん』

看板メニューの『京風おでん』は、素材の吟味を重ね、だしにもタネにもこだわりを持って仕上げた自慢の品。昆布と鰹を使っただしは、あっさりしているのにコクがあり、飲み干してしまうおいしさです。定番の『大根』から全国各地の『練り物』まで、種類豊富に用意されているので、選ぶ時間もまた楽しみです。

    【梅田ごだいご】の店内

    和の落ち着いた店内。17人以上で一部エリアの貸切も可能

どの料理をいただいても、仕込みから仕上げに至るまで、料理人の丁寧な仕事ぶりが伺える【梅田ごだいご】。木の温もりが漂う店内には、個室が豊富に用意されています。17人から一部テーブル席の貸切ができ、最大32人で使えるので大型宴会にもオススメ。カジュアルでありつつも少し上質感が漂う雰囲気が魅力です。また、4~6人の半個室もあり、少人数での利用にもぴったりです。

予約カレンダー
  • 今日
  • 5/25
    (土)
  • 5/26
    (日)
  • 5/27
    (月)
  • 5/28
    (火)
  • 5/29
    (水)
  • 5/30
    (木)
カレンダーで他の日を見る

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/17~5/23)

エリアから探す