ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.01.20デート・会食

スペシャルなランチが堪能できる! 東京のミシュラン掲載店5選

フランスのミシュラン社による「ミシュラン東京2023」で星を獲得したレストランで、至福のランチタイムを過ごしませんか? 料理はもちろん、サービス、空間に至るまでクオリティの高さに感動の連続です。星付きシェフが繊細に仕立てたコースを、ディナーより訪れやすいランチで満喫しましょう。

losierの料理

東京【セザン(SEZANNE)】

世界各国で経験を積んだ英国生まれのシェフが日本の食材を駆使

    セザンの料理

    上海料理からヒントを得た『北海道エレゾ社シャモ モリーユ ヴァンジョーヌ』

各線東京駅から徒歩4分でたどり着く好ロケーションの【セザン】。NYやパリの3つ星レストランでも研鑽を積んだダニエル・カルバート氏が料理を手掛けるフランス料理店へ。上海料理の調理法でアプローチする一品や、高級食材を使いクラシカルに仕上げる品など、シェフの研ぎ澄まされた感性をじっくりと堪能できます。

    セザンの店内

    “日本の美”をテーマにした柔らかな色調の店内

レザー張りのテーブルとゆったり座れる椅子が配された空間で、優雅にランチタイムを楽しめるのが魅力。ダイニングから奥のキッチンの様子が窓越しに見えるのもうれしい。キッチンの後ろ側には豪華な内装の個室もあるので、VIPなどの接待に利用してみては。

新橋【TOKi】

東京で出合える、奈良×モダンスパニッシュ

    TOKiの料理

    豚とじゃがいもの旨みを余すことなく味わう『ジャガイモと玉ねぎのトルティージャ 生ハム コンソメスープ』

各線新橋駅から徒歩3分のところにある、ブランドショップ【奈良まほろば館】内のレストラン。奈良で地元の生産者の食材を生かしたモダンスパニッシュを提供するレストラン【アコルドゥ】の東京支店。本店の川島宙シェフと、【TOKi】の料理長を預かる長谷川豊氏が共に考案した写真の一品をはじめ、大和牛や大和野菜を駆使した料理をじっくり味わいたい。

    TOKiの店内

    吉野ひのきを使った曲線が美しいカウンター席

店内に入るとまず目に飛び込むのは、雰囲気あふれるウンター席。その上には“ならまち”の民家の格子をモチーフにしたオブジェが飾られ、奈良の作家による家具や照明を揃えるこだわりぶり。シンプル&モダンな空間で、奈良の素材を使ったスペイン料理に舌鼓。

銀座【L‘OSIER】

銀座の並木通りで輝き続ける日本フランス料理界のトップランナー

    L‘OSIERの料理

    シェフが目利きしたタイやヒラメなどの国産魚介がフランス料理に昇華

銀座の名フレンチで2013年より【L‘OSIER】のエグゼクティブシェフを務めるのは、フランス人のオリヴィエ・シェニョン氏。若くして料理コンクールで優勝したその技で、選りすぐりの魚介やシャラン産の鴨肉をはじめとした上質の食材を最高のコースに仕立てます。ぜひ、名だたるワインや日本酒とご一緒に。

    L‘OSIERの店内

    9メートルの吹き抜けが開放感あふれる空間へ

エントランスを抜けると、重厚感がありながらも明るく透明感のある空間が広がります。インテリアは世界各地の5つ星ホテルなどを手がける巨匠ピエール=イヴ・ロション氏によるもの。カメリアがあしらわれた絨毯、ゴールドとシルバーの装飾などが、エレガントな雰囲気を醸しだします。

表参道【NeMo】

魚料理を中心とした新しいガストロノミーの世界に浸る

    NeMoの料理

    ワゴンで楽しめる名物の『ネモケバブ』といった遊び心あふれる一品も

2021年6月にオープンしたモダンフレンチが魅力の【NeMo】。【NARISAWA】や【カンテサンス】といった名店で研鑽を積んだ根本憲一さんが満を持して独立したレストラン。無類の魚好きであるシェフによるコース料理は、デザート3品を含む全10品のコースのうち5~6品が魚介料理という徹底ぶり。ワゴンサービスで楽しませてくれるパフォーマンスも魅力です。

    NeMoの店内

    オーガニックなインテリアが温かな雰囲気

木をふんだんに用いたナチュラルな店内で、リラックスしながらゆったりと食事が楽しめます。一枚板のテーブルが素敵な、会食や家族での集まりにぴったりの個室もチェックを。シェフの腕が光るメニューに、ニューワールドからグランヴァンまで揃うワインを合わせて至福のひとときを。

表参道【L’Effervescence】

シェフの世界観に浸れるおまかせコースを

    L’Effervescenceの料理

    職人という意のメニュー名を付けた『アルチザン野菜』

表参道エリアに位置し、世界中から美食家が訪れるフランス料理店【L'Effervescence】。エグゼクティブシェフの生江史伸氏は、フランス、イギリスの有名店でスーシェフを務めたのちに帰国。ランチはおまかせコースの一本で、年間を通して味わえるかぶを使った一皿や、薪火を使う肉料理などに出合えます。

    L'Effervescenceの料理

    クラシカルで落ち着ける空間に35席を用意

店名の【L'Effervescence】は、自然に感謝をし酵母や微生物へ想いを馳せ、心が“沸き立つ”その様を表現しています。全国各地の生産者を訪ね、吟味して取り寄せる素材の魅力をダイレクトに生かした料理をじっくりと味わって。シックな空間で、ワインはもちろん日本酒とのマリアージュにも心躍ります。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(1/20~1/26)

エリアから探す