ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.02.24グルメラボ

身体ポカポカ。旨辛メニューが味わえるアジアン料理店5選|東京

寒い季節は、辛い料理を食べて体を温めたくなるもの。中華料理やタイ料理などアジアン料理には旨辛いメニューがたくさんあります。体がポカポカするような旨辛いメニューが味わえるアジアン料理店5店をピックアップ。ぜひチェックしてみてください。

タイ料理バル タイ象のトムヤムクン

神泉【老麻火鍋房】

中国四川料理の、しびれるような辛さがクセになる

    老麻火鍋房の麻婆豆腐

    『四川風麻婆豆腐』は、思わずご飯が欲しくなる辛さが魅力

神泉駅から徒歩1分、渋谷駅からも8分の位置にある【老麻火鍋房】。人気を集めながら、惜しまれつつ閉店した【老湯火鍋房】の魂を受け継ぎつつ、さらに進化した、22種類以上の漢方食材をブレンドした無添加の薬膳火鍋が味わえます。またこのお店の人気メニューのひとつが『四川風麻婆豆腐』。しびれるような刺激的な辛さはクセになる一品です。


    老麻火鍋房の内観

    黒を基調にしたおしゃれな雰囲気の店内

ほかにも、仕上げにアツアツの油をかけていただく、香りと辛さが感じられる『よだれ鶏』など辛さを効かせたメニューも多彩にそろっています。店内は、黒を基調としたシックな雰囲気の洗練された空間。座り心地の良いソファー席や個室などがあり、落ち着いた雰囲気になっているので、ゆっくり食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

新橋【タイ料理バル タイ象】

手間ひまかけた本格的なタイ料理を堪能

    タイ料理バル タイ象のトムヤムクン

    酸味と辛味のバランスが絶妙な『トムヤムクン』

新橋駅から徒歩1分と、アクセスに便利な【タイ料理バル タイ象】。お店では、料理人一筋のタイ人シェフが、ベースからハーブを配合するなどしっかりと手をかけた、本格的なタイ料理が味わえます。特に『トムヤムクン』は、レモングラスをはじめとした多彩なハーブを煮出したあとに、こしてスープのベースを作っており、あと引くおいしさです。

    タイ料理バル タイ象の内観

    カウンター席も備えており、一人での利用もしやすい

タイの民芸品など、オーナーのこだわりのあるインテリアと木製家具でそろえられた店内は、エキゾチックな雰囲気で、タイに訪れた気分が楽しめます。座席はカウンターやテーブル席、ゆっくりできるソファ席もあり、貸し切りも可能。現地の雰囲気を感じながら、本格的なタイ料理を満喫してみては。

市ヶ谷【東大門タッカンマリ 市ヶ谷店】

自家製コチュジャンが魅力の韓国料理

    東大門タッカンマリ 市ヶ谷店のヤンニョムチキン

    『ヤンニョムチキン』(コチュジャン味)は、絶妙な辛さであと引くおいしさ

市ヶ谷駅から徒歩3分の【東大門タッカンマリ 市ヶ谷店】。若鶏を丸ごと味わうヘルシーな韓国鍋『タッカンマリ』が楽しめるお店ですが、自家製のコチュジャンを使った『ヤンニョムチキン』も人気。ピリ辛な味に仕立てていて、お酒との相性も抜群です。辛味と酸味のバランスがよい『キムチ盛り合わせ』もおもわず箸がすすむ味わいです。

    東大門タッカンマリ 市ヶ谷店の内観

    静かな雰囲気で落ち着いた時間が過ごせる

店内は、広々としつつカジュアルでオシャレな雰囲気。カウンターとテーブル席のメインフロアのほかにも、宴会や貸切にも最適な広々個室も設置されているので、気軽に利用することができます。また、韓国のお酒も豊富にそろっているので、料理に合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

四谷三丁目【バンダラランカ】

本場のスパイスを使った、スリランカカレーでホットになれる

    バンダラランカのカレー

    香辛料たっぷりの『スパイシーチキンカレー』

四谷三丁目駅から徒歩8分、閑静な住宅街の中にある古城のような店構えのスリランカ料理専門店【バンダラランカ】。オーナーが幼少期からスリランカで茶畑や野菜つくりをしていたこともあり、食材にもこだわり、日本の“薬膳”にも通じるようなスリランカのスパイスが効いた料理を提供。本格的な味わいながらも、ヘルシーなものが多く、日本人の口にもマッチします。

    バンダラランカの内観

    開放感のある居心地の良い店内

店内は、木目調のテーブルや高い天井が迎え入れてくれ、心地良い空間を演出。ギャラリーが併設されているので、アートとともにおいしい料理が堪能できます。『スパイシーチキンカレー』をはじめ、本場のスリランカの味を楽しめる多彩なカレーを、都会のオアシスで癒しを感じながら、ぜひとも味わってみては。

芝公園【タイとインドのアジアンバル シモン】

本格的なタイ料理&インド料理が一度に味わえる

    タイとインドのアジアンバル シモンのチキンマサラ

    『チキンマサラ』は、スープが少なめのドライカレースタイル

大門駅から徒歩2分の距離にある【タイとインドのアジアンバル シモン】。店名の通り、タイ出身のスパットさんと、インド出身のカレルさん、2人のシェフが祖国の味わいを再現した料理を提供。香辛料をたっぷりミックスしたスパイスカレー『チキンマサラ』は、カレルさん自慢の一品。深みのある味わいに仕上がっており、ナンやご飯と一緒に食べるのはもちろん、ほどよい辛さもあいまって、お酒のおつまみとしても人気です。

    タイとインドのアジアンバル シモンの内観

    木をたっぷりと使った温もりのある店内

スパトさんが作る、タイの国民食としても知られる『パッタイ』は、辛さのグレードもアップできるので、好みの辛さで味わえます。温もりある木目をベースとした店内、アジアンリゾートを思わせるようなおしゃれな雰囲気の中で、本場さながらの味わいを堪能してみてはいかがでしょうか。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/12~5/18)

エリアから探す