ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.11.16グルメラボ

各国料理で満喫するナチュラルワイン。魅力を発信する、とっておきのお店5選|東京

数年前から話題を集めているナチュラルワイン。厳密な定義はありませんが、大まかにいえば「できるだけ自然な農法でつくられたブドウを使い、天然酵母などによる発酵、酸化防止剤は極力不使用」という条件がそろったワインのこと。扱うお店も増加傾向で、まだまだブームは続きそうな気配です。今回は、そんなナチュラルワインを自慢のセレクトで楽しませてくれる5店をご紹介します。

An diのナチュラルワイン

フレンチ【KUVAL】/三鷹

季節の素材感を大切に。豊富なナチュラルワインと味わうビストロ料理

    KUVALのナチュラルワイン

    シェフ自身が愛飲してきた銘柄を含め、多彩に取りそろえたナチュラルワイン

JR三鷹駅から徒歩9分の【KUVAL】は、オーナーシェフと菓子職人のマダムが二人三脚で切り盛りするビストロです。カウンターフレンチの気軽さの中で料理とともに楽しむワインは、すべてが「ナチュラルワイン」。フランスを中心にヨーロッパ産や国産ワインなど、多彩にセレクトしています。

    KUVALの料理

    『太刀魚と帆立のムースのヴァプール「蒸し」枝豆のソース』

「金子畜産」の天城黒豚や「ジャフラ農場」のホロホロ鳥といった、こだわり素材を活かしたビストロ料理と、旬に彩られた華やかでキュートなデザートを存分に満喫するなら、やはりコースがオススメ。オープンキッチンのカウンター席や落ち着いたテーブル席など、思い思いの場所でじっくり味わって。

イタリアン【falo】/代官山

360度のオープンキッチンで紡ぎだす、創作“焚き火”イタリアン

    faloのナチュラルワイン

    白・赤・ロゼ・泡の合計で10種ほどがグラスでも楽しめます

東急東横線・代官山駅から徒歩3分。炭火台を囲むカウンター席のみの【falo】は、炭火を駆使したイタリアンが楽しめる一軒です。シンプルな料理に合わせてセレクトしたのは、「味わいを自然に引き出した」ナチュラルワイン。イタリア縛りで、さまざまな味わいのものを約100種類ストックしています。

    faloの豚バラ肉

    秘伝スパイスでマリネした豚バラ肉『塊で焼いたポルケッタ』※1カット

ただ“焼く”といっても、素材に合わせて展開される手法はさまざま。『カツオの藁焼き フレッシュトマトのソース』や『日本鹿の炭火焼き、山椒のソース』といった独創的なメニューで驚かせてくれます。「目の前で焼きあがっていくのを待つワクワク感」も魅力。ほかでは味わえない時間が過ごせます。

ネパール料理【OLD NEPAL TOKYO】/豪徳寺

受け継がれた家庭料理をコース仕立てで。新たなネパール料理を発信

    OLD NEPAL TOKYOのナチュラルワイン

    ネパールではあまり飲まれないというナチュラルワインをペアリングで

【OLD NEPAL TOKYO】は小田急小田原線豪徳寺駅から徒歩2分。家庭的なネパール料理の魅力はそのままに、コースに仕立てた革新的なお店です。ナチュラルワインとのペアリングも話題。特に料理と好相性の、香り豊かなオレンジや白を豊富にそろえています。

    OLD NEPAL TOKYOのコース

    メインの『Khana/ダルバート』はネパールの国民食※コースの一例

コースは予約限定で月替わり。前菜に始まり、豆のスープ「ダル」+ご飯「バート」の『Khana/ダルバート』と、アチャール(漬物)やカレーを多彩に織り交ぜたメイン、デザートが味わえます。アラカルトのカレーも数種類あり。カトマンドゥの街並みを演出したという店内の居心地も最上級です。

中華料理【湖南菜 香辣里】/三軒茶屋

中国八大料理のひとつ・湖南料理。本格派の辛さを体験!

    香辣里のナチュラルワイン

    湖南料理の味わいをさらに深めるナチュラルワイン。品ぞろえが豊富

東急田園都市線・三軒茶屋駅から徒歩2分に位置する【湖南菜 香辣里】は、「四川料理よりも辛い」ともいわれる本格湖南料理のお店です。発酵・燻製・ハーブといった香りの要素を特徴とした湖南料理は、ナチュラルワインと抜群の相性。唐辛子を使った料理には、ロゼや濃いめの白がピッタリです。

    香辣里の魚料理

    発酵させた季節の白身魚を使った『香辣魚(臭魚~季節の白身魚の香辣蒸し)』

湖南料理の特徴は、発酵させた調味料(発酵中華)や燻製にした食材(燻製中華)、さまざまなハーブ(ハーブ中華)を組み立てて調理を行うこと。辛さの奥に広がる新しい食体験を、地方の田舎の農家をイメージした温かな雰囲気の中で楽しむことができます。広い店内には半個室の用意もあり。

ベトナム料理【An Di】/外苑前

ナチュラルワインと楽しむ、旬食材たっぷりの“モダン・ベトナミーズ”

    An diのナチュラルワイン

    料理に合う、クリーンでナチュラルなつくりのワインをセレクト

東京メトロ外苑前駅から徒歩5分、落ち着いた静かな一画にたたずむ【An Di】は、日本でこそ楽しめる新ジャンル“モダン・ベトナミーズ”を発信するお店。銀座のグランメゾンでシェフソムリエを務め、いまはワインテイスターとしても活躍する店主が、ナチュラルワインを中心にしたペアリングとともに提案します。

    An diの生春巻き

    『穴子、へべす、マンゴーの生春巻き タマリンドソース』

例えば、「生春巻き」といった人気のベトナム料理を、日本食材や季節の味覚で再構成。ベトナム料理をベースにフレンチシェフの技を駆使し、日本の旬食材を活かした“軽やかで優しいひと皿”として提供しています。新しい味覚との出合いは驚きの連続。存分に堪能するならコース料理がベターです。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/13~5/19)

エリアから探す