ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.09.10食トレンド

もったり&濃厚! こんがり焼けた【GAZTA】のバスクチーズケーキ

美食の街、スペイン・バスク地方で長年愛されているチーズケーキは、もったり&濃厚。一度食べたら忘れられません! そんなスペインのバスクチーズケーキが東京・白金に【GAZTA(ガスタ)】としてやってきました。

アプリで見る

世界中から食べにくる、スペインの【LA VINA(ラ・ヴィーニャ)】のチーズケーキを再現

 スペインの美食の街、サンセバスチャンの小道に【LA VINA(ラ・ヴィーニャ)】という有名なバルがあります。そのお店のチーズケーキは、絶対に食べておきたい一大名物! 世界中からそのチーズケーキを目当てに客が訪れます。

 そんな【LA VINA(ラ・ヴィーニャ)】のチーズケーキは、長年家族経営の身内にしかレシピが明かされませんでした。まさに、ここでしか食べられない幻のチーズケーキ。

 ですが、【GAZTA(ガスタ)】のパティシエ―ルは、このチーズケーキに深く惚れ込み、何度もその味を学びたいと働きかけ、世界でただ一人、家族以外でレシピが伝授されたのです。

    サンセバスチャンのバル【LA VINA(ラ・ヴィーニャ)】名物の『バスクチーズケーキ』は焼き色が印象的だ

 つまり、そんなバスクで長年愛されている【LA VINA(ラ・ヴィーニャ)】のチーズケーキを再現したのが、白金にオープンした【GAZTA(ガスタ)】です。同店パティシエールは、「現地で味わった感動をたくさんの皆様に感じていただきたい」と語ります。

    商品がなくなり次第、閉店。早めの来店がオススメ

 そして、2018年夏に東京・白金にようやくオープンした【GAZTA(ガスタ)】ですが、そのバスクチーズケーキの味は、スイーツ好きを筆頭に、老若男女の心を掴み、早くも話題に。人気の秘訣は、固すぎず柔らかすぎないしっとりとした絶妙な食感や、濃厚な味わい。こんがりと焼きあげられたバスクチーズケーキならではの見た目もまた印象的です。

    このこんがりとした焼き目がおいしさの印

 自分で食べるのはもちろんですが、友人や取引先などの手土産にも、『バスクチーズケーキ』を持っていけば喜んでもらえること間違いなし! チーズケーキは2つのサイズがあるので、状況に応じて選択が可能。誕生日ならホールがオススメ。かわいらしい袋や箱もまた、より一層相手に喜ばれそうです。

    (左)1名様用バスクチーズケーキ(直径8cm)/1個700円(税抜)
    (右)6~8名様用バスクチーズケーキ(直径15cm)/1個4,000円(税抜)

    シンプルにかわいらしい、クリーム色のボックス

 ちなみに、イートインスペースはないので、おうちでゆっくり味わってくださいね。チーズケーキが食べたくなったら、ぜひ立ち寄ってみてください。

【バスクチーズケーキ専門店 ガスタ】

  • 電話番号:03-3440-7495
    住所:東京都港区白金1-14-10
    営業時間:9:00~19:00
    定休日:月曜日(※月曜日が祝日の場合は、翌日火曜日に振替)
    ※お電話でのご注文・ご予約は承っておりません。商品がなくなり次第、閉店

この記事を作った人

遠藤 まや(ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/14~9/20)

エリアから探す