ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.08.19食トレンド 健康美食

暑い時期に食べたい! 夏に旬を迎える食材をつかった料理を紹介

記録的猛暑が続いた今年の夏。ここ2~3日、東京は過ごしやすい日々が続いていますが、そんなときにこそ“夏の疲れ”が出やすいもの。そこで、夏に旬を迎えた食材を使った料理や、夏バテに効くスパイスを使ったメニューをご紹介します。今日のゴハンはこれに決まり!!

アプリで見る

深い甘みと磯の香りが、口いっぱいに広がる『生ウニ丼』

築地【うに虎 中通り店】

    『雅 うに食べ比べ丼 国産5種』5,980円(税抜)

築地場外にある唯一のウニ専門店【うに虎 中通り店】で人気の『雅 うに食べ比べ丼 国産5種』。お店を訪れるほとんどの人が注文する看板メニューで、北海道・釧路のエゾバフンウニや宮城のキタムラサキウニなど、その日の入荷状況で異なる5種のウニが並びます。産地によって味や風味の違いを知れる、とってもお得な生ウニ丼が楽しめますよ。

ほんのり広がる梅の酸味と、スパイスの風味『梅ベジカレー』

経堂【ガラムマサラ】

    『梅ベジカレー』1,000円(税抜)

複雑に絡み合ったスパイスで構成された、オリジナリティ溢れるカレーを提供する【ガラムマサラ】。日本の食材である梅干をペーストし、スパイスと混ぜ合わせた『梅ベジカレー』は、夏に食べたい逸品です。大根やカブに加え、ナスやオクラなど季節の野菜も入っており、和の風味漂うさっぱりピリ辛なインドカレー。インドビールとの相性も抜群です!

とうもろこしの甘さをダイレクトに味わう『とうもろこしのお刺身』

麻布十番【やさい家めい】

    『とうもろこしのお刺身』1,000円(税抜)※2018年7月下旬から夏季限定で提供中

日本全国の契約農家から仕入れた、こだわり野菜を提供する【やさい家めい】。夏季限定で供されるのが、生のフレッシュさと甘さが堪能できる『とうもろこしのお刺身』です。糖度が高く粒皮が薄い「ゴールドラッシュ」の旨味がダイレクトに味わえる一品。部位ごとに甘さが異なるため、カット法を変えて提供されます。

熊本・川辺川の天然の若鮎を、囲炉裏で焼き上げた『鮎の塩焼き』

外苑前【たでの葉】

    『天然鮎の塩焼き』※お任せコース(1万円)の一品

店主の小鶴さんが父親が獲った鮎を炉端で焼いて提供する、鮎への想いに溢れたお店。コースの中の一品『鮎の塩焼き』は、頭からかぶりつくとカリッと軽やかに焼きあがっており、舌触りがよく苦味も少ない。食べ進めるとふっくら瑞々しい身の旨味と、少し苦味はあるがどこかスッキリとした内臓の味わいとが混ざりあい、バランスも絶妙です。

季節ごとに変わる「旬の食材」は、夏なら体を冷やし、冬なら温めるといった、その季節に人間の体にもっともよい働きかけをしてくれます。栄養価も高く、その食材がもっともおいしく、本領を発揮するタイミングでもあります。だからこそ、旬の食材を食べることをオススメします。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/14~9/20)

エリアから探す