ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.01.07食トレンド 連載

トップシェフがオススメする、銀座のフレンチの名店【マルディ・グラ】|推薦人【赤坂 まるしげ】小久保 茂紀氏

一流の料理人たちが本当に通う店「シェフがオススメするお店」をご紹介。今回は【赤坂 まるしげ】の料理人、小久保 茂紀さんが通うフレンチの名店【マルディ・グラ】です。

アプリで見る

今回、お店をご紹介してくださるのは…

【赤坂 まるしげ】
料理人・小久保 茂紀さん

  • 1972年生まれ、埼玉県出身。高校卒業後、調理師学校へ。和食店、居酒屋店にて修業を積み、2000年に30歳にして【赤坂 まるしげ】を開業。自分が食べたいもの、本当に美味しいものへの探求心が、近郊の会社員や地元の常連さんに定評のある人気店へと導く。

小久保さんがオススメするお店
銀座【マルディ・グラ】

肉の巨匠が生み出す、豪快かつインパクト抜群のメニューがずらり

    営業が始まれば、美味の香りと笑い声で賑わう

【マルディ・グラ】和知シェフの代名詞である「肉料理」は、骨太で豪快。調理方法は至ってシンプルでありながら塊肉がもつ滋味を極限まで引き出す技が集約している。肉好きグルメの聖地ともいえる名店。

    ブラジルからヒントを得た『尾崎牛モモ肉のイパネマステーキ』。ブラジル・イパネマ海岸で味わったステーキをヒントに考案。フェイジョアーダ風の丹波の黒豆も美味

「素材の良さを引き出して、それ以外の余計なものは引き算していくんです」と、和知シェフ。言葉では簡単に聞こえるが、それこそが素材選びから妥協のない和知シェフの信念。時に産地へ出向き、生産者と語り、飼料にまで気を配り、そうして店で扱う素材を決定する。

    産地まで足を運び、とことん肉と向き合う店主は目利きに妥協はなし

  • シンプルの料理の中にその肉が持つ滋味を極限まで引き出す技が集約

  • 日本最大の鶏をつかった、香り高くスパイシーなフライドチキン。『天草大王のフライイングバード』

オススメした料理人・小久保さんの声

「ジャンルを超えて、肉を突き詰めたに肉料理が存分に楽しめます。ポーションも大きく、グループでシェアするのがいいですね」

▼【マルディグラ】の店舗詳細
 
▼小久保 茂紀さんのお店
【赤坂 まるしげ】店舗詳細
 
▼トップシェフがオススメする名店

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(1/16~1/22)

エリアから探す