ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.07.31食トレンド

トップシェフがオススメする、両国の蕎麦の名店【江戸蕎麦 ほそ川】|推薦人【Nabeno-Ism】渡辺 雄一郎シェフ

一流の料理人たちが本当に通う店「シェフがオススメするお店」をご紹介。今回は、【Nabeno-Ism】のシェフ、渡辺 雄一郎さんが通う蕎麦の名店【江戸蕎麦 ほそ川】です。

アプリで見る

今回、お店をご紹介してくださるのは…

【Nabeno-Ism】
オーナーシェフ・渡辺 雄一郎さん

  • 21年間【ロブション】グループに勤務し2004年からはエグゼクティブ・シェフとして活躍。2016年に【レストラン・ナベノイズム】開業し、2017年・2018年とミシュランガイド一ツ星を獲得している。

渡辺シェフがオススメするお店
両国【江戸蕎麦 ほそ川】

独学で突き詰めた至高の蕎麦と肴

 1986年に埼玉で開業、2003年に場所を両国へと移し、以来変わらぬ場所で最高のそばを提供しています。凛と佇む店構えの暖簾をくぐれば、和の情緒とモダンが一体となった洗練された空間。仕入れた蕎麦を前日に皮むきしておき、毎朝、その日に使う分だけ石臼挽きで製粉し、つなぎを使わず手打ちの蕎麦を仕上げています。

  • 蕎麦の実と柚子香る『焼みそ』

  • 対馬産の『穴子天』

 蕎麦本来の味と香りを楽しむならば、せいろ。蕎麦の香りが鼻へ抜け、瑞々しさがなんともさわやか。二枚目の蕎麦を注文すると、一杯目とは産地の違う蕎麦を提供してくれるというツウな楽しませ方も。このほか、鮨店や割烹での修行経験をもつ店主がつくる旬のつまみや、季節の食材を使った温かい蕎麦も、無視できない魅力を放ちます。

オススメした渡辺シェフの声

蕎麦前からレベルが全然違いますし、朝挽き、自家製粉する蕎麦も香りがすごくいい。せいろも素晴らしいですが、旬になると登場する、北海道・昆布森産の牡蠣を使った『牡蠣のオイル漬け』と『牡蠣蕎麦』も好きです。

【江戸蕎麦 ほそ川】店舗詳細
 
渡辺シェフのお店
【Nabeno-Ism】店舗詳細
 

そんな一流のトップシェフ、料理人が本当に行きつけのお店を紹介しているサイトはこちら!

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/16~10/22)

エリアから探す