ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.08.17グルメラボ 連載

有名シェフが教える簡単レシピ⑧『鶏レバーの赤ワイン煮 バターライス添え』

有名シェフが教える、家庭でも再現できるレシピシリーズ。今回、【レストラン タニ】の谷利通シェフが教えてくれたのは、いつもの食卓がぐっとオシャレに変身する『鶏レバーの赤ワイン煮 バターライス添え』です。

「ほかの作業をしながらつくれる煮物はまかないの鉄板」と語る谷シェフ。これは、忙しいご家庭でも同じこと。今回は、食卓に彩りを添える少しオシャレな“赤ワイン煮”を教えて頂きました。
 付け合せにはバターライスを。玉ねぎやニンジンを基本に、余っている食材をうまく使えば、様々な味で楽しむことができます。

材料

『鶏レバーの赤ワイン煮』
鶏レバー 200g
赤ワイン 200cc
バター 10g
オリーブオイル 適量
砂糖 小さじ1杯

『バターライス』
炊いた白米 300g
すりおろしたニンニク 小さじ1杯
ニンジン 約1/4個
玉ねぎ 約1/4個
ちりめんキャベツの葉 1/2枚
バター 20g

『鶏レバーの赤ワイン煮 バターライス添え』のつくり方

  • ① まずは『鶏レバーの赤ワイン煮』からつくります。オリーブオイルを引いたフライパンを温め、十分に加熱したら、レバーを入れます

    ② レバーの表面が焼けたら、赤ワインを入れて煮立たせます

    ③ ②を鍋に入れ替え、バター10gと砂糖小さじ1杯を加えます

    ④ 20分ほど弱火にかけ、レバーの中まで火が通ったら火を止めます

  • ⑤ 次に『バターライス』をつくります。まずは野菜をみじん切りにします

    ⑥ 弱火で温めたフライパンにバターを溶かし、すりおろしたニンニクを入れます

    ⑦ 白米とみじん切りにした野菜を②のフライパンに入れて、バターに馴染ませます

    ⑧ 鶏レバーの赤ワイン煮とバターライスを盛り付ければ完成です

教えてくれたシェフ

谷 利通シェフ
  • Profile

    1973年3月12日生まれ、神奈川県出身。高校時代のアルバイトで、フランス料理の味に衝撃を受け、料理人の道を決意。高校を卒業と同時に鎌倉のフレンチにて1年半の修業を積み、恵比寿の【レストラン アラジン】を経て2回渡仏。その後、【メゾン・カシュカシュ】の立ち上げに参画し、6年間のシェフをつとめた後、2011年に「ビストロからガストロノミーまで出すフランス料理店」をコンセプトとした【レストラン タニ】をオープン。 

 

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/11~10/17)

エリアから探す