ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.09.29食トレンド 健康美食 連載

トップシェフがオススメする、フレンチの名店|広尾【レストラン アラジン】

一流の料理人たちが本当に通う「シェフがオススメするお店」をご紹介。今回は【リストランテ アルポルト】片岡護シェフが通う、広尾のフレンチの名店【レストラン アラジン】です。

今回、お店をご紹介してくださるのは……

【リストランテ アルポルト】
片岡護シェフ

  • 1948年、東京都生まれ。デザイナーを志願していたが、母親の知人の誘いで、ミラノ総領事館のコックになることに。5年を経て帰国。

片岡護シェフがオススメするお店
【レストラン アラジン】

ブレない芯の強さ。ひたすらに美味しさだけを突き詰めたフレンチ

    さまざまな食感、味わいが楽しい『ホロホロ鳥 フォワグラ 里芋 木の子 牛蒡のガランティーヌ』

フランス料理界の重鎮【アラジン】の料理人である川﨑誠也氏は、芯の強い料理で人々の味覚を魅了しています。それは料理ひと皿を見るだけで十分に伝わってくるほど。たとえば、冬のスペシャリテのひとつ『山鳩のロース サルミソース』は、シンプルのなかに深い旨みを凝縮した味。山鳩のガラをプレスして絞り出した血とフォンドジビエでソースをつくっています。

  • スペシャリテの『カリフラワーババロア、ブロッコリーソース キャビアを添えて』

  • ブルゴーニュを中心としたフランス産のワインのみをセレクト

「肉ではなくソースを味わう料理」という川﨑シェフの言葉も、付け合わせのドフィノアと味わうと、その美味しさとともに体に染み渡ります。開店から25年に渡り愛され続けるひと皿が【アラジン】が名店中の名店と呼ばれる所以を物語っています。

    ランチには明るい陽光が差し込むテーブル席。店内には川﨑シェフが集めた調度品などが飾られる

店内に飾られる調度品は、シェフがフランスでの修業時代、毎週のように蚤の市へ足を運び、買い求めたもの。明るい雰囲気を併せ持つランチと、しっとり落ち着いた雰囲気が漂うディナーと、昼と夜で異なる雰囲気で食事を楽しめます。

オススメした片岡シェフの声

いまではオーソドックスなフランス料理として浸透しているジビエ料理。それを日本に広めた第一人者である川崎さんの、いわずと知れた名店です。しっかりとした味付けと、ゆったりと落ち着いた雰囲気は最高です。

 
▼片岡シェフのお店
【リストランテ アルポルト】店舗詳細
 

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/7~10/13)

エリアから探す