ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.08.06食トレンド

「本と珈琲とインクの匂い」を感じる、昭和レトロな黒澤文庫カフェ【黒澤文庫】が東京・日本橋高島屋にオープン

2021年7月27日、東京・日本橋髙島屋S.C.新館4Fに、図書館や古書店のようなカフェ【黒澤文庫】がオープンしました。昭和の喫茶店を彷彿とさせる同店は、オトナ世代には懐かしく、若者には新しい。そんな昭和レトロな“文庫カフェ”にさっそく足を運んでみました。

黒澤文庫

秋田から東京初出店。「本と珈琲とインクの匂い」を感じる“文庫カフェ”とは

    商業施設内の一角にありながら、懐かしさと異彩を放つ外観が目を引きます

    商業施設内の一角にありながら、懐かしさと異彩を放つ外観が目を引きます

東京「日本橋髙島屋S.C.」の新館4Fに【黒澤文庫】がオープンしました。宮城県仙台市の【青山文庫】、秋田県秋田市の【赤居文庫】に続き、3店舗目となる今回は東京での初出店です。ここは、「本と珈琲とインクの匂い」を感じるカフェをコンセプトに、どこか懐かしさを感じさせる店構えと、一杯一杯丁寧に抽出したハントドリップ珈琲が楽しめます。

    本や雑貨、壁掛け時計に囲まれた郷愁漂う店内。座席は、カウンター席、中央の大きなテーブル席、2~4人掛けのテーブル席があります

    本や雑貨、壁掛け時計に囲まれた郷愁漂う店内。座席は、カウンター席、中央の大きなテーブル席、2~4人掛けのテーブル席があります

“文庫カフェ”とは、その名のとおり、たくさんの本に囲まれた図書館や古書店のようなカフェのこと。店内には至るところに書籍が書籍が飾られていて、すべての本を読むことができます。その並べ方には特徴があり、一般的なカテゴリー分けとは異なり、なんだか個性的。

例えば、店内の中央テーブルには「ゴリラ」、「ノーベル賞」、「くじら」、「アインシュタイン」と、様々なカテゴリーの本がまとめて配置されていて、ゴリラに関する本を手に取ったことのない私は、その意外性に思わず興味をそそられてしまいました。そんなテーマの雑多さは、新しい本に出合えるワクワク感をも感じさせてくれます。

  • 中央テーブルにある「ゴリラ」のコーナー

    中央テーブルにある「ゴリラ」のコーナー

  • 文庫の貸出コーナー(2週間/50円)もあります

    文庫の貸出コーナー(2週間/50円)もあります

もちろん、こちらのウリは本だけではありません。一杯一杯丁寧に抽出したハントドリップ珈琲もお店のイチ推しのひとつ。中でも『黒澤文庫ブレンド』(660円)は、コーヒー豆の輸入や販売を行っている「ミカフェート」のJose(ホセ)・川島良彰氏とコラボレーションした、スペシャルブレンドです。

    『黒澤文庫ブレンド』。ライトボディの「グッドモーニングブレンド」、しっかりとしたボディがありながらもコーヒーの果実味も感じられる「アフタヌーンブレンド」、深煎りならではのコクが楽しめる「ナイトブレンド」、各660円

    『黒澤文庫ブレンド』。ライトボディの「グッドモーニングブレンド」、しっかりとしたボディがありながらもコーヒーの果実味も感じられる「アフタヌーンブレンド」、深煎りならではのコクが楽しめる「ナイトブレンド」、各660円

『黒澤文庫ブレンド』は朝・昼・夜で使用を変えていて、オープンから12時までは「グッドモーニングブレンド」、12時~17時までは「アフタヌーンブレンド」、17時~閉店までは「ナイトブレンド」と、訪れる時間帯で味と香りの変化を楽しむことができます。

『こおり水』や『モーニングセット』など、気になるメニューがたくさん!

コーヒー以外にもさまざまなメニューが楽しめます。

まず、夏の暑い日に食べてほしいのが、秋田の夏の風物詩「こおり水」。昭和初期の秋田にあった老舗店の夏の名物だったかき氷のことで、そのレシピを継承。少し溶け始めた貫目氷を薄く削ることでふんわりきめ細やかな氷の食感を表現し、優しい甘さの白滝シロップを混ぜるなどして、その味わいを忠実に再現しているそう。

  • 定番メニューの『あずき白玉こおり水』715円

    定番メニューの『あずき白玉こおり水』715円

  • 『抹茶こおり水』825円

    『抹茶こおり水』825円

    『レモンこおり水』825円。他にも『コーヒーこおり水』825円、『梅酒こおり水』660円、『カルピスこおり水』660円、『カルピスぶどうこおり水』660円、『いちごこおり水』715円、『グレープフルーツこおり水』825円 

    『レモンこおり水』825円。他にも『コーヒーこおり水』825円、『梅酒こおり水』660円、『カルピスこおり水』660円、『カルピスぶどうこおり水』660円、『いちごこおり水』715円、『グレープフルーツこおり水』825円 

この日は『レモンこおり水』を頂いたのですが、ふわふわとした氷の舌触りと、さっぱりとした爽やかな味わいが暑い夏にピッタリでした。

他にも、『あずき白玉こおり水』などの定番メニューに加えて、『コーヒーこおり水』や『レモンこおり水』など自家製シロップを合わせた全9種をラインナップ。

  • 店内にあるガレットの焼き台で焼き上げる『ガレット/コンプレット』990円

    店内にあるガレットの焼き台で焼き上げる『ガレット/コンプレット』990円

  • 『苺とホワイトチョコのマウンテンケーキ』869円 ※1日5食限定

    『苺とホワイトチョコのマウンテンケーキ』869円 ※1日5食限定

また、朝限定の嬉しいサービスも。

毎朝10時半~11時までの30分間、ドリンクを注文した人のみ、「グッドモーニングセット」が無料で食べられます。セットの食事は、トースト3種(ゆで卵がついた『グッドモーニングトースト』、チーズ×蜂蜜の『ハニートースト』、毎朝変わるトッピングを楽しめる『月替わりチーズトースト』)から1種と、『ひと口デザート』、『小倉あんバター』、それに『ストロベリーヨーグルト』or『フレンチドレッシングのサラダ』が選べます。これが無料なんてとてもお得ですよね。

  • アイスコーヒーの氷が溶けても味が薄まらない

    アイスコーヒーの氷が溶けても味が薄まらない

  • 客席の目の前で注がれる、喫茶店名物のレモン水

    客席の目の前で注がれる、喫茶店名物のレモン水

ほかにも、焙煎にこだわったコーヒーメニュー、『焼きカレー』(935円)や『煮込みスパゲティ』(935円)、『コーヒー小豆醤油ロールケーキ』(440円)や『黒澤文庫のシベリア』など、ボリューム感と手作りにこだわったオリジナルのフードメニューも数多く揃います。

ショッピングの合間に、昭和レトロな文庫カフェでほんの少しの間、時間を忘れて昭和へトリップしてみてはいかがでしょうか。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す