ヒトサラマガジンとは RSS

季節感ある“本物の日本料理”に出合える、ミシュランの星付き料理店|芦屋【日本料理 伊予本】

芦屋にある【日本料理 伊予本】。店主の伊豫本氏は、【神戸吉兆】で12年間修業したのち、海外の日本料理に興味を持ち渡米。ロサンゼルスの日本料理にも触れたことで、「日本らしい日本料理」に惚れ直し、同店をオープンしました。和食の基本であるだしにこだわり、時を映す八寸・馥郁たる香りの煮物椀など、正統な流れの会席を味わえる日本料理店です。

日本料理伊予本の八寸

ミシュランガイドで星を獲得した実力派の日本料理店

芦屋駅を通る国道2号線沿いに佇む【日本料理 伊予本】。季節感ある“本物の日本料理”に出合えます。「その日の旬を味わってほしい」と語る店主の伊豫本氏は、2015年、2016年と2年連続『ミシュランガイド兵庫 特別版』で星を獲得した実力派です。

    格式を感じる門構えながら、扉を開ければ柔らかい空気に心が和みます

    格式を感じる門構えながら、扉を開ければ柔らかい空気に心が和みます

「20代の若い方にも本物の日本料理を体験してほしい」と語る店主。高級料亭の風格を持ちながら、初めて訪れる人の緊張をときほぐす柔らかい空気で迎え入れてくれます。初めての日本料理に選んで間違いありません。

    檜のカウンターが落ち着く空間で、ゆったりミシュランの味に酔う

    檜のカウンターが落ち着く空間で、ゆったりミシュランの味に酔う

大切な人をもてなしたいときや、デート、記念日といった特別な日、家族のお祝いなどの人生の節目はもちろん、日々変化する旬の味覚を堪能するため、季節ごと、あるいは月一で訪れたい一軒です。

基本のだしにこだわった丁寧な職人仕事を五感で確信

だしにこだわった丁寧な職人仕事を五感で確信できる同店。店主自ら市場で食材を吟味して仕入れ、旬の味覚でおもてなし。ヒノキの一枚板のカウンターで日本料理の伝統や楽しみ方を教わりながら、ゆるりと美酒に酔いしれます。冬はふぐや蟹のシーズン。季節感たっぷりの会席コースは、上質な忘新年会にも最適。春夏秋冬の旬を、比較的リーズナブルに存分に味わえます。今回は、その中からおすすめの3品をご紹介しましょう。

四季折々の伝統の和食を楽しむ『季節の八寸』

調理人の技術がすべて揃っている会席料理に欠かせない八寸。焚き物・焼き物・蒸し物・煮物など5~8品、その日の食材にあわせてつくりあげる、期待高まる一皿です。海の幸・山の幸・川の幸と彩り豊かに楽しめます。

    日本の季節が一品一品に表現されている八寸

    日本の季節が一品一品に表現されている八寸

美しい海原で水揚げされた新鮮な『瀬戸内の刺身』

魚介は店主自ら厳選。部位や魚介の種類によって隠し包丁を入れるなど、繊細な包丁捌きで“極上”のうまさを引き出しています。醤油は特製の土佐しょうゆで。 酒、昆布、かつお節で炊いた丸みのある味わいです。

    職人の技で旨みが引き出された季節の刺身

    職人の技で旨みが引き出された季節の刺身

【伊予本】の命ともいえるだしを極めた『椀物』

たっぷり贅沢に使った、かつおと昆布のあわせだし。ふたを開けた瞬間、濃厚な出しの旨みが立ち込め全身が優しい風味に包み込まれるようです。だしとなじんだ素材の味わいに、旬を感じられます。

    蓋を開けた瞬間、馥郁たる香りが広がります

    蓋を開けた瞬間、馥郁たる香りが広がります

店主厳選の美酒に酔いしれる時間を

店主が1銘柄ずつ紹介してくれる日本酒は、おすすめに委ねてみるのもよいかもしれません。会話をしながら、酒の知識も入り、気分よく酔いしれられ、さらには運命の美酒に出合えるかもしれません。また季節の中で器も“衣替え”をしています。春は桜、夏はガラス、秋はもみじ、冬は雪。味だけでなく、目でも楽しむことができます。

    酒に詳しい店主が厳選した全国の美酒は、おすすめに委ねるのが吉

    酒に詳しい店主が厳選した全国の美酒は、おすすめに委ねるのが吉

ゲストが心からくつろげる時間をつくるため、料理には一切気を抜かないのがポリシー。和食の基本を大切に、一つひとつ丁寧な仕込みにこだわり、五感で楽しめる創意工夫が随所に施される【日本料理 伊予本】。同店で、心までほどける時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

料理人プロフィール:伊豫本 雅俊さん

    1971年、兵庫県生まれ。学生時代、和食店でのアルバイトを機に食に興味を持ち、大阪・あべの辻調理師専門学校へ。卒業後はリーガロイヤルホテルの【神戸吉兆】にて12年間修業。その後「海外の日本料理」への興味から渡米。ロスで8年間研鑽を積む。しかし本物の和食への想いを募らせ2011年に帰国。開業を視野に鮮魚卸問屋で1年間流通ルートを学ぶ。2013年1月【日本料理 伊予本】を開店。2015年、2016年にミシュランで星を獲得。

    1971年、兵庫県生まれ。学生時代、和食店でのアルバイトを機に食に興味を持ち、大阪・あべの辻調理師専門学校へ。卒業後はリーガロイヤルホテルの【神戸吉兆】にて12年間修業。その後「海外の日本料理」への興味から渡米。ロスで8年間研鑽を積む。しかし本物の和食への想いを募らせ2011年に帰国。開業を視野に鮮魚卸問屋で1年間流通ルートを学ぶ。2013年1月【日本料理 伊予本】を開店。2015年、2016年にミシュランで星を獲得。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す