ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.08.27食トレンド デート・会食

東京タワー真下、看板のない創作フレンチレストラン|【タワシタ】赤羽橋

港区東麻布、東京タワーにほど近いビル2階にある看板のないフレンチレストラン【タワシタ】。窓の外に広がる大きな東京タワーを眺めながら、季節の食材を取り入れた創作フレンチと厳選ワインを堪能できます。店内を経由せずにアクセスできる個室も完備され、非日常的な気分を高めてくれる一軒です。

タワシタ看板

店内の窓からは大きな東京タワーが

大江戸線「赤羽橋」駅から東京タワーの見える方面に向かって5分ほど歩くと見つかる、看板のないお店【タワシタ】は、ビルの2階にあります。ここでは、四季折々の旬の食材を使った定番メニューをはじめ、絶品創作フレンチを満喫できます。店内を経由せずにアクセスできる個室もあり、プライバシーを守りながら料理を楽しむこともできます。

    窓と東京タワー

    窓の外には東京タワーの大パノラマが広がり壮観

上質でシンプルな店内には、大きな窓があり東京タワーを眺めることができます。夜になるとオレンジ色に輝く東京タワーを眺めながらいただくフレンチは、特別な日の思い出として心に深く刻まれるでしょう。店の周辺は桜並木も広がっているので、春には夜桜を眺めながら食事を楽しめます。

訪れるたびに新しい出合いがある四季を反映した料理

    タワシタコース料理

    非日常感漂う【タワシタ】は、誕生日などのアニバーサリー利用にも最適

季節の限定メニューはもちろん、定番メニューにも旬の素材を取り入れ、四季折々の料理に仕上げていくのが【タワシタ】フレンチのこだわりです。いつ立ち寄っても違った味わいに出合え、日本の美しい四季を心ゆくまで堪能できるのが魅力です。

その中でも、お店オススメのメニューを3つご紹介いたします。

『コンソメジュレとウニ季節の野菜のピュレ』

    タワシタコンソメジュレとウニ季節の野菜のピュレ

    季節によってピュレに使用する野菜を変える『コンソメジュレとウニ季節の野菜のピュレ』

『コンソメジュレとウニ季節の野菜のピュレ』は、【タワシタ】の定番旬野菜料理です。ピュレや野菜を旬の食材にすることで、野菜そのものが持つフレッシュな味わいが楽しめます。日本の美しい四季を反映した季節感のある盛り付けは、色彩豊かで目も楽しませてくれます。

『牛肉のステーキ』

    タワシタ牛肉のステーキ

    繊細な火入れにこだわってつくる『牛肉のステーキ』

『牛肉のステーキ』は、肉本来の深い旨みを堪能できる逸品。こちらは、熊本産赤牛の赤身を使ったもので、嚙めば嚙むほど旨みが広がり絶品です。自家製のソースは、季節に合わせて味わいを変えています。肉本来の食べ応えに加え、季節感のあるソースとのマッチングも存分に堪能してほしい一品です。

『カレーライス』

    タワシタカレーライス

    スパイスの風味が活きる具なしの『カレーライス』

コースの〆を飾る【タワシタ】自慢の料理が、『カレーライス』です。具なしにすることでサラサラとカレーライスが食べられます。クミンシードやコリアンダーなどのスパイスが効いて食欲をそそります。お腹いっぱいでも食べたくなるユニークな〆の一品として好評です。

ソムリエ厳選のワインでお気に入りの一杯を

    タワシタワイン

    ソムリエ厳選のワインのほか、日本酒やウイスキー、焼酎も充実。

ソムリエが厳選したワインからは、料理に合わせたペアリングの提案もしてくれます。お気に入りの一杯が必ず見つかる充実のラインナップで、新しい出合いが待っているかも。ドリンクと一緒にいただけば、創作フレンチがさらにおいしくなるでしょう。好みの飲み口をソムリエに伝えながら料理とのペアリングを楽しんでみて。

旬の食材のおいしさを引き出した創作フレンチのコースは、結婚記念日や誕生日などの特別な日に最適。【タワシタ】を訪ねれば、非日常的な気分が高まる大迫力の東京タワーを眺めながら料理を堪能できます。特別な演出や上質なひとときを過ごしたいとき、足を運びたくなるレストランです。

料理人プロフィール:尾鷲 貴紀さん

    タワシタ料理人

    1976年生まれ。大阪の「辻調理師専門学校」卒業後、当時表参道にあった【L’Orangerie de Paris】に入店。新富町【ラ・ブリーズ・ドゥ・ヴァレ】でスーシェフを務めたのち、都内の各店で腕を磨き上げ2017年より【タワシタ】へ。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す