ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.02.27食トレンド デート・会食 グルメラボ

アナログの醍醐味をとことん味わえるMUSIC BAR【berkana(ベルカナ)】:恵比寿ガーデンプレイス「BRICK END」特集

恵比寿ガーデンプレイス内に登場したスタンド横丁「ブリックエンド」。それぞれ個性の異なる全5店舗を紹介します。

アプリで見る

年配者に懐かしく、若者には新しい、アナログレコードを堪能できるミュージックバー

アナログ音源に特化したミュージックバー

 パッケージ商品が売れないと言われて久しい音楽業界で、唯一の成長産業をご存知でしょうか。
 そう、それはアナログレコードなんです。日本でもここ数年は毎年約20%ずつ販売数が増えていて、プレス工場は生産が追い付かないほど。レコードプレイヤーも増産され、自宅でLP盤を楽しむ方も増えていますが、やっぱりしっかりしたオーディオシステムだと格段に楽しめるはず。
 恵比寿ガーデンプレイス「ブリックエンド」内に10月6日にオープンした、この【berkana(ベルカナ)】も、そんなアナログレコードの魅力を堪能できるミュージック・バーです。

    【ベルカナ】内のDJブース

 ジョン・コルトレーンやビル・エヴァンス・トリオなどのジャズの名盤、ほかにアイスランドの歌姫ビョークが発表した幻のアルバムなど、通好みの作品がレコードラックに並びます。
 店長の森山氏によれば、コンセプトは「ジャズやシティ・ポップなど、40歳前後の音楽好きな方に親しみのあるセレクト」だったにも関わらず、意外だったのは、「年配の方も若い方も万遍なく楽しんでくれていること」だとか。

    約11mのバーカウンターは圧巻

 東京都写真美術館や恵比寿ガーデンシネマなどカルチャー施設も多い、恵比寿ガーデンプレイス内という土地柄でしょうか、他カルチャーを愉しむ感度の高い方々が、年代を問わず気軽に訪れるバーとして、既に確立。
「ニッチなコンセプトですので、スロースタートを予測していたのですが、人員配置を間違えました…」(森山氏)と苦笑いするほどの盛況ぶりです。

クラフトビールとカクテル、ドリンクは本格派

 ドリンクに関しては、「クラフト感」がテーマ。
 名バーでの研鑽を積んだバーテンダーによるミクソロジーカクテルのほか、各地から厳選した全8種のクラフトビールが楽しめます。

  • 上:定番カクテルのほか、その日限りのオリジナルカクテルも多数
    左:冷蔵庫を改造したクラフトビールのタップ

 フードも乾きものが中心ですが、系列のMeat & Bakery【TAVERN】でつくられる人気メニュー『特製パテ・ド・カンパーニュ』、『豚舌ベーコン&ポテトサラダ』など、ツマミと呼ぶにはもったいない本格メニューも多数。軽い食事として十分すぎるクオリティなので、夕食を食べそこなった夜にも満足できます。
 

音楽とお酒と共に、様々な楽しみ方ができます

 以上のように、音楽好き、お酒好き、美味しいもの好きには十分に楽しめるバーですが、ブリックエンドならではの楽しみ方も。
 なんとバーカウンターに座れば、眼下にすぐJR線が走っているのです。山手線や埼京線を眺めながらグラスを傾けるのに、こんなに条件の良いバーは、都内でもそれほど多くないはず。

    窓外の眼下にすぐJR線が走る立地

 ちなみに「berkana」の語源は古代ルーン文字で「再生と成長」を暗示する言葉だそう。
 その言葉通り、常に古きを学び、新たなスタイルに成長するBAR として、これからも要注目です。

MUSIC BAR berkana(ミュージックバー ベルカナ)

住所:〒153-0062 東京都目黒区三田 1-13-4 恵比寿ガーデンプレイス ブリックエンド
電話:03-6277-3786
営業時間:17:00~26:00
席数:30席(+テラス席8席)
喫煙可/車椅子可

この記事を作った人

取材・文=ヒトサラ編集部 撮影=佐藤顕子

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(11/14~11/20)

エリアから探す