ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.02.27食トレンド グルメラボ

あの名店の味をさらに気軽に堪能できる居酒屋【賛否両論KAKUUCHI】:恵比寿ガーデンプレイス「BRICK END」特集

恵比寿ガーデンプレイス内に登場したスタンド横丁「ブリックエンド」。それぞれ個性の異なる全5店舗を紹介します。

笠原流の和惣菜で気軽に一杯

季節感を大切にした、お酒に合う逸品が並びます

 “日本料理をもっと身近に、もっと楽しく”をモットーに展開する恵比寿の日本料理店【賛否両論】。店主笠原将弘氏が創り出す季節感と創意あふれる和食の世界を、カジュアルな料金設定と雰囲気の中で楽めることで、大人気であることは今さら紹介するまでもないでしょう。
 テレビなどのメディア出演で笠原氏を知り、その料理を楽しみたいと思っていても、なかなか予約が取れなかったという方に朗報。
 より気軽に楽しめる姉妹店【賛否両論KAKUUCHI】が、恵比寿ガーデンプレイス「ブリックエンド」内にオープンしています。

    ビール工場だった建物の丸窓を生かした、開放的な空間

 「KAKUUCHI(角打ち)」と店名に付けられているように、コンセプトは居酒屋です。
 メニューは、店主自らも大好きだというビール、全国各地から厳選された日本酒などに合う旬の新鮮な魚介類や野菜を使った料理を中心に展開。「角打ち」と言っても侮れない、【賛否両論】クオリティの数々がメニュー表に並びます。

    一品料理から『旬の魚のなめろう』。ビールや日本酒との相性は抜群です

季節の食材を使った創意あふれるお惣菜や一品料理がずらり

 【賛否両論KAKUUCHI】で何といっても楽しいのはメニューの豊富さ。カウンターに並ぶお惣菜、本日のオススメ、一品料理など毎日20種以上のメニューが並びます。

    『納豆そぼろ』『季節の野菜のおひたし』『山椒唐揚げ』など、一工夫加わった逸品が揃う惣菜

 その魅力は、お手頃な価格帯だけではありません。たとえば、京山椒がピリリときいた『山椒唐揚げ』、鶏ひき肉と納豆を丁寧に炊いた『納豆そぼろ』など、創意とひと手間くわえられた逸品ばかり。
 季節や食材の入荷に合わせて、そのメニューは変わっていくので、何度も訪れたいお店になっています。

和食界に新風を吹かせる心意気を感じるお店

 よく知られたように、笠原氏の実家は焼き鳥店でした。そのため、幼いころから居酒屋的な雰囲気には親近感があったのでしょう。
 店頭に立つスタッフの方も、「ずっと居酒屋をやりたかったよう」と認めているように、この新店【賛否両論KAKUUCHI】もちょっとした遊び心ではなさそう。一品一品に創意を込められ、手間をかけられた料理を味わうと、その本気さが伝わってきます。
 そんな心意気からは、世界的に注目を浴びている和食に、また新たな風が吹いてきたことを感じます。

    店内はシンプルながら温かみのあるテイスト。隣の客と仲良くなるような居酒屋的な雰囲気にもあふれています

賛否両論KAKUUCHI

住所:〒153-0062 東京都目黒区三田 1-13-4 恵比寿ガーデンプレイス ブリックエンド
電話:03-6409-6050
営業:17:00~23:00
席数:20席(他立食席あり)

この記事を作った人

取材・文=ヒトサラ編集部 撮影=佐藤顕子

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/15~9/21)

エリアから探す