ヒトサラマガジンとは RSS

旬の味を求めて ~「おでん」編~

寒い冬に恋しくなる、日本の風物詩『おでん』。地域やお店によって味付けが異なり、多彩な味を楽しむことができます。そんな寒い日に食べたい、熱々おでんが美味しい関東風・関西風のおでん屋をご紹介します。

アプリで見る

手づくり種に出汁が染み込む、関東風おでん【おぐ羅】

優しい味わいのおでんを肴に熱燗で一献
仕事終わりに仲間と集い、身も心も温まる

 老舗名店がひしめく銀座で名を知られる【おぐ羅】は、創業29年のおでんの人気店。おでん種を鍋でぐつぐつと煮込み、しっかりと味が染み込んだ「関東風」なのですが、お出汁は関西風のように透明度が高い琥珀色なのが特徴です。

 毎日丁寧に利尻産昆布と枕崎産鰹節でとり、30年継ぎ足しているお出汁は、塩を効かせていますが、醤油は一切使っていません。炊いた具材の旨味を含んだその味わいは、優しくもコク深く、身体にじんわりと染み入ります。

    きゃべつで鶏ひき肉で包んだ『きゃべつ巻』。きゃべつを何層にも巻いているため、きゃべつの持つ甘みと旨味を存分に味わえます

    ごぼうの中心部をくり抜き、合鴨を詰めた当店オリジナルのおでん種『鴨ごぼう』。ごぼうの硬い部分を取り除いているため、食感は驚くほどやわらか

 おでん種は年間を通して30種余り。まずは『大根』や『豆腐』からいただくのがおすすめ。素材自体が淡泊なので、お出汁の旨味を存分に堪能できます。また、柚子が香る『鯵のつみれ』や、お揚げで巻いた『ぜんまい』など、手づくりのおでん種も多数あり、その美味しさには笑みがこぼれてしまいます。

    熱燗は『黒松白鹿』のみ。注文が入るたび錫のやかんで温め、職人が口に含んで適正温度を確認してから提供しています。もちろん冷酒もあります

 熱々のおでんを肴に熱燗をクイッといただくのは、寒い季節の極上の贅沢。仕事終わりに仲間と酒を酌み交わし、おでんで身も心も温まりませんか。

おでんを素材別に炊き上げる、関西風おでん【串駒房】

素材ごとに旨さを引き出したおでん種
美食を知る大人同士で蔵元直送の日本酒に陶然

 おでんを食べたいときには、美味しい日本酒を取り揃えるお店を選びたくなるもの。日本酒といえば、『十四代』をいち早く東京に導入した【串駒 本店】は銘酒居酒屋の先駆けです。今回紹介するのは、大塚にある同店のすぐそばに居を構える系列店の【串駒房】。蔵元直送の日本酒を、おでんと共に味わえる名店です。

 いわゆる「関東炊き」はおでん種を一緒に炊き上げますが、【串駒房】ではおでん種を別々に炊き、最後にお出汁を張る「創作おでん」がいただけます。

    大阪の船場汁をヒントにした、焼き鯖に出汁を張った熱々の一皿『焼き鯖』。鯖の香ばしさが溶け出した出汁も美味

    揚げ立ての舞茸天ぷらに熱々の出汁を張った『舞茸の天ぷら』。ジューシーな舞茸と天ぷらのコクが出汁をさらにおいしくします

 『焼き鯖』は、関西の「船場汁」をヒントにしたという季節のメニュー。脂が乗った鯖の香ばしい皮目の食感と、鯖の風味が溶け出したお出汁が美味です。甘みを引き立てる黒七味を添えた『大根』、甘辛く味付けた『煮卵』、ジューシーに揚げた『舞茸の天ぷら』など、素材ごとに手を加え、旨さを最大限に引き出しています。お出汁がその旨みを倍増させる滋味深いおでんは、日本酒との相性が抜群。今宵も、美食をよく知る大人が、おでんと日本酒を求めて足を運びます。

    おでんをさらに味わい深くする日本酒たち。『十四代』や『天明』、『新政』、『佐久の花』などの蔵元と親しい店主が厳選しています

旬のものを、大切な方と食べに行きたくなる「旬味への誘い」はこちら

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/16~5/22)

エリアから探す