ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.04.30旅グルメ

スイーツ好き必見! ワンフロアで「北海道スイーツ」を満喫!!【大通ビッセ】

GWの時期が最も心地の良い札幌。大通公園をゆったりと散策していると、「どこかで甘いものが食べたい……」そんな気持ちになりますよね。そんな時に訪れてほしいスポットが【大通ビッセ】。こちらの施設では北海道各地のスイーツをワンフロアで楽しめます。さっぽろ駅と大通駅を繋ぐ「地下歩行空間=通称チカホ」に直結しているので、天候に左右されず行きやすいのも魅力です。

アプリで見る

ワンフロアで道内各地のスイーツを楽しめる!

    店内からは大通公園が眺められ、暖かくなるとテラス席も登場します

大通公園と札幌駅前通りの交差点にひときわ目立つ、ガラス張りのビルがあります。その地下2階~地上4階が、「大通ビッセ」というグルメやショッピングが楽しめる商業施設になっており、その1階にあるのが北海道内で人気の6店舗のスイーツ&ベーカリーショップが入るフロア【ビッセスイーツ】です。ここは地元民もよく利用するスポットで、モーニングからランチ、カフェタイムからディナーまで、時間帯に合わせて幅広く利用ができます。

広いカフェスペースを備える【KINOTOYA CAFE】では、「ビッセきのとやフェスタ」という、スイーツのほか、ドリンクや食事系メニューも楽しめるビュッフェ(予約制)も毎日開催しており、日々賑わいをみせています。スイーツ好きな札幌市民なら一度は訪れたことのある場所と言っても、過言ではないほどです。

酪農王国・北海道の牛乳を使用したソフトクリームを食べ比べ

  • 手前の大きなソフトクリームは【KINOTOYA】の『極上牛乳ソフト』388円(税込)。とにかくボリューミー、そして濃厚! 食べ応えNo.1です

  • 「だて牛乳」を使用した【Bocca】のソフトクリーム。ミニサイズ(250円・税込)といっても、ワッフルコーンの底までたっぷり入っています。

ビッセスイーツに入っている4店舗がソフトクリーム、1店舗はジェラートを販売しているのですが、どれも見事に味わいが違います。どの店舗も北海道産の牛乳を使用しているのですが、まず牧場・地域によって牛乳の味が全く違うのです。その美味しい牛乳を使用し、各店舗のこだわりで仕上げたソフトクリームを、ぜひとも食べ比べしてほしいのです! それぞれの味わいに酔いしれて、大通にいながらも北海道グルメツアーをしているかのような気分になることは間違いなし! これほどの種類のソフトクリームを食べ比べが出来るのは、他にはあまりないはずです。

ちなみに【町村農場】と【Bocca】にはミニサイズもあるので、食べ比べをしたい人はもちろん、「少しだけ食べたい」という方にもピッタリです。

どのお店も絶品ですが、食べ比べにオススメのソフトクリームを3店舗ご紹介いたします。

【町村農場】人気のドーナッツをソフトクリームと合わせて

    『チョコレートドーナツ』190円(税別)に、+190円(税別)でソフトクリームをトッピング

農場産の素材をたっぷり使用したスイーツが人気の江別【町村農場】。こちらでいただけるのは、町村農場のさわやかな牛乳そのものの味わいを楽しめるソフトクリームです。定番のミルクのほかに、抹茶やイチゴなど月替わりのフレーバーもあります。
ソフトクリーム単体でも美味しいですが、ここのお店ならではの食べ方も。農場産のミルクと小麦をたっぷり使用した【町村農場】自慢のふわもちのドーナッツ。こちらに+190円(税別)でソフトクリームのトッピングができるのです! ドーナツに乗せて一緒に食べることで、ソフトクリームの風味をより楽しむことができます。

【函館洋菓子 スナッフルス】すっきりフレッシュなソフトクリームは食後の〆に最適

    今回紹介したソフトクリームの中でもっともすっきりとした味わい。『ソフトクリーム』324円(税込)

チーズオムレットで有名な【函館洋菓子 スナッフルス】。こちらは北海道の七飯町・大沼国定公園山川牧場の生乳を使用したさっぱりとした風味のソフトクリーム。新鮮な牛乳のおいしさはそのままで、食べた瞬間からひんやりスッキリとした味わいです。これから迎える暑い夏にピッタリです。

【Paume(ポーム)】ブーランジェリーでジェラート専門店の味を堪能

    『フレッシュミルク』のジェラート シングル380円/ダブル、トリプル450円(ともに税込)。このほかにも季節に応じて様々なフレーバーが並びます

「やさしいパンを、手のひらに」がコンセプト、札幌で展開するブーランジェリー【Paume(ポーム)】。こちらには札幌のジェラート専門店【円山ジェラート】のメニューを取り揃えています。ソフトクリームとの食べ比べをより楽しむなら、看板商品である美瑛町の牛乳を使用した『フレッシュミルク』のジェラートを。肥沃な大地でストレスなく育った牛の、まさにフレッシュな牛乳のそのものの美味しさを楽しめるのでぜひ!

このように、様々な味わいのソフトクリームを味わうことができます。個人的な感想ですが、濃厚度合いは【KINOTOYA】>【Bocca】>【町村農場】>【スナッフルス】の順番。夏にはさっぱり目、冬には濃厚なソフトクリームがオススメです。

食事メニューも充実! お得なスープセットも

ソフトクリームやケーキなど、スイーツメニューが充実しているのはお分かりになっていただけたかと思いますが、【ビッセ】にはお腹をしっかりと満たしてくれる、そして北海道を味わうことができる食事メニューを提供しているお店もあります。

    【Paume】のパンは地元のパン好きにも大人気

ジェラートでもご紹介した【Paume(ポーム)】は、北海道産の小麦やバター、卵&天然酵母を使用してつくるブーランジェリー。こちらでは300円以上のサンドイッチを購入すると、スープが無料で付いてくるのです! このスープが身体の中からじんわりと温めてくれます。サービスとは思えないほどの食べ応えで、胃袋も満足できるはず。

  • 【Bocca】の季節のスープはバゲット付で350円。人気の燻煙黄金豚ソーセージ350円とセットだと100円引きに(すべて税込)

  • 【Paume】のサンドイッチは300円(税込)から。イートインの場合はスープが無料になるのが嬉しい

さらにそのお隣にある【Bocca】のスープもオススメ。3階にある姉妹店の人気ステーキ店【43゜STAKE HOUSE】で仕込んでいるので、味はお墨付き。自社牧場の黄金豚の肉を使用した自慢のソーセージとともに楽しめます。(ソーセージと一緒に飲みたいビールも、もちろんあります!)

ビッセ限定のお土産も要チェック!

「全道各地の美味しいスイーツを、お土産にしたい!」GWはそんな方も多いはず。もちろん、各店舗テイクアウト商品やお土産用スイーツが用意されています。
1906年に札幌で創業した【月寒あんぱん】では、ビッセスイーツ限定の『出来立て玉ドーナツ』を販売中。また【Bocca】では杏仁豆腐好きが選んだ杏仁で昨年全国一位を獲得した『杏仁豆腐』も。この他にも江別・町村農場の作りたて、天然酵母のドーナツや、函館【函館洋菓子 スナッフルス】の『チーズオムレット』なども人気です。また各店とも、地方発送にも対応してます。

広大な北海道の土地で生まれた美味しい牛乳で作るソフトクリームやスイーツを、アクセス抜群の札幌中心部で気軽に味わうことが出来るスポット。立ち寄らない理由はないと言っても過言ではありません! ぜひ、大通ビッセに遊びに来てはいかがでしょうか?

<耳より情報>
1階店舗の座席が満席の際は、2階にある【TOKUMITSU COFFEE Cafe & Beans】も大通公園を眼下に眺められるのでオススメです。また、【函館洋菓子 スナッフルス】のケーキを持ち込むと、コーヒーが50円引きで購入することができます。

大通ビッセ

  • 住所:北海道札幌市中央区大通西3丁目7 北洋大通センター
    アクセス:地下鉄「大通」駅直結・地下歩行空間直結
    ※ビッセスイーツの営業時間は10:00~20:00
    ※KINOTOYA CAFEのみ、8:00~21:00

この記事を作った人

取材・文/オサナイミカ(札幌100マイル編集長)

札幌生まれ・札幌育ち。美・食・“充”を発信するサイト「sapporo 100 miles」で編集長ブログを約10年書き続けている。お酒をこよなく愛し、北海道の美味しい食とのマリアージュを楽しむことに喜びを感じる日々。

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(11/14~11/20)

エリアから探す