ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.03.12食トレンド

「GINZA SIX」で春の訪れを五感で感じる、華やかな桜スイーツが限定発売

四季折々の美食が集う銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」で、春の味覚の桜スイーツが期間限定で発売されます。高さ約56mに位置する屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」ではお花見も楽しめるので、お買い物のついでに屋上庭園に立ち寄って春の訪れを感じてみてはいがでしょう。

見た目も香りも華やかな今だけの桜スイーツ

「GINZA SIX」には桜を洋菓子にアレンジしたベイクドスイーツや、桜の香りが漂うラング・ド・シャ、桜葉と花びらが入ったプリンなど、香りや見た目も存分に楽しめる華やかな桜グルメが揃いました。蜜漬け、塩漬け、フリーズドライと調理方法によって変化する桜の多様な味わいを楽しめます。

【ISHIYA GINZA】

    『Saqu(サク)さくら』 12枚入 1,200円(税抜)

白い恋人でお馴染みの【ISHIYA】の北海道外初の直営店【ISHIYA GINZA】では、4月上旬までの期間限定で『Saqu(サク)さくら』を発売。食べると最初にさくらの花の香りを感じ、その後、塩漬けされたさくらの花の塩味が口の中に広がります。チョコレートは『恋するチョコレート さくら』をベースに、ラング・ド・シャに合うよう、さくらの塩味を調整。エゾヤマザクラがモチーフになったパッケージで贈り物にも最適です。

【パティスリー パブロフ】

    『クグロフ 桜&抹茶』 1,667円(税抜)

パウンドケーキ専門店【パティスリー パブロフ】では、2019年3月15日(金)から5月末まで『クグロフ 桜&抹茶』を展開。刻んださくらんぼを入れて焼き上げた生地に桜花の蜜漬け、フリーズドライの桜花を飾った「桜」と、十勝産ゆであずきを宇治高級抹茶の生地と合わせ、希少価値の高い白小豆を飾った「抹茶」の詰め合わせです。

【PAPABUBBLE】

    『桜ロッキーロード』 722円(税抜)

スペイン生まれのキャンディショップ【PAPABUBBLE】の『桜ロッキーロード』は、桜フレーバー入りチョコレートにフルーツマシュマロ、グミキャンディ、フリーズドライストロベリーを加えた鮮やかなピンク色のロッキーロードです。

【マーロウ】

    『桜プリン』 750円(税抜)

手作りビーカープリンが代名詞の【マーロウ】で3月上旬から4月上旬まで発売する『桜プリン』は、塩漬けの桜葉と花を使った春を感じる一品。天然色素の紅麹で淡いピンク色を出しています。底には丹波大納言の甘納豆を入れ、プリン生地には桜の葉をアクセントとして混ぜています。

【中川政七商店】

    『桜の吹き寄せお菓子缶』 1,800円(税抜)※無くなり次第終了

日本の工芸品などの生活雑貨を扱う【中川政七商店】では、人気の吹き寄せお菓子缶の桜バージョン『桜の吹き寄せお菓子缶』を取り扱います。吹き寄せなので目にも華やかで、お花見などの持ち寄りにもぴったりです。

屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」ではお花見も楽しめる

    地上約56mの屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」

高さ約56mに位置し、銀座エリア最大となる約4,000m²の敷地に広がる屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」には、“日本初の街路樹”の1つと言われている桜が植えられています。オオシマザクラ、エドヒガンザクラなど種類の異なる桜が楽しめます。

「GINZA SIX」の桜スイーツとともに、屋上庭園でのお花見も楽しんでみてはいかがでしょうか。

「GINZA SIX」

電話:03-6891-3390(「GINZA SIX」総合インフォメーション)
住所:東京都中央区銀座6-10-1
アクセス:東京メトロ「銀座」駅 地下通路直結
営業時間:ショップ・カフェ(B2F~5F)10:30〜20:30、レストラン(6F・13F)11:00~23:00 ※一部店舗により異なる
休館日:不定休

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(7/14~7/20)

エリアから探す