ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.03.06食トレンド 連載

トップシェフがオススメする、市ヶ谷の名店【炭火焼肉なかはら】|推薦人【匠 進吾】高橋 進吾氏

一流の料理人たちが本当に通う「シェフがオススメするお店」をご紹介。今回は【匠 進吾】の料理人・高橋進吾さんが通う、市ヶ谷の名店【炭火焼肉なかはら】です。

アプリで見る

今回、お店をご紹介してくださるのは……

【匠 進吾】
料理人・高橋 進吾さん

  • 1978年、茨城県生まれ。鮨職人だった叔父の薦めで、鮨の道を歩みはじめる。四谷の名店【すし匠】へ入ると、鮨界の巨匠・中澤氏のもとで18年間修業を重ねる。29歳から3年間は、一時鮨から離れ、五島列島で漁師、宮城の酒蔵で日本酒づくりなどを経験。2013年に南青山の路地裏に【匠 進吾】をオープン

高橋さんがオススメするお店
市ヶ谷【炭火焼肉なかはら】

和牛の良さを思う存分堪能できる、焼肉の一つの到達点

    店のスペシャリテとも言える幻のタン。※事前予約が必要

「最高の炭火焼肉を楽しんでいただきたい」。【炭火焼肉なかはら】は、オーナー中原さんの、そんなシンプルで深い想いから生まれた焼肉の名店。全国でもトップクラスの人気を得ていた東京・三ノ輪の【七厘】を市ヶ谷に移転し、店名も新たに生まれたのが2014年。同店のその後は、焼肉がれっきとした“料理”であることを証明してきた歴史にほかなりません。

  • 薄くスライスすることにより生まれる軽やかな食感が特徴

  • 2人前から注文できる牛肉寿司。握りにはサーロインを使用

 田村牛などの但馬牛系がメインですが、ブランドにこだわらず、そのときどきで最高の食材を見抜き、提供してくれます。焼肉業界の常識にとらわれず、世界に誇る和牛の良さを存分楽しめます。店内は、大きな窓ガラスが張られ、都内の夜景が一望できる造り。様々なバリエーションの座席があるので、大切な人と過ごすひと時や女子会など、それぞれの目的に合わせて、最適なシートで最高級の焼肉を堪能できるお店です。

    東京の夜景がより一層料理をおいしく感じさせます

オススメした高橋さんの声

手切りの肉はやはり味が違います。理屈はわからないんですけれど……。部位ごとに一番おいしくしていく姿勢は、ネタに合わせて仕事をする鮨屋にも似ています

▼【炭火焼肉なかはら】店舗詳細
 
▼【匠 進吾】店舗詳細
 

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(3/12~3/18)

エリアから探す