ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.08.12食トレンド

ベトナムのローカルスイーツ「チェー」のブーム到来?!|学芸大学【Chè333】

ベトナムの街を歩けば、あちらこちらで目にするローカルスイーツ「チェー」。その専門店が2019年7月20日に東京・学芸大学に誕生しました。アジア雑貨のセレクトショップ【333 (バーバーバー)】が、同ショップ内に「チェー」の専門店として【Chè 333 (チェー・バーバーバー)】をオープン。さっそく訪れてみました。

かき氷? タピオカ? いいとこ取りの新感覚スイーツ「チェー」

老若男女が虜になってしまう、ベトナムの新感覚デザート「チェー」の専門店【Chè333(チェーバーバーバー)】。ベトナムの雑貨やファッションなど、ショッピングも楽しめる洗練された空間は、思わず立ち寄りたくなる雰囲気です。チェーは店内5席のイートインコーナーの他、テイクアウトでもたのしめます。

    ベトナム雑貨店の中にあり、ショッピングだけでも、チェーだけでも、気軽に立ち寄れます

チェーはベトナムの伝統的な甘味飲料のことで、日本で言うぜんざいのようなもの。甘く煮た豆、タピオカ、寒天、みずみずしい果物など、好きなトッピングをココナッツミルクやティーと一緒にいただきます。

    ひんやりとおいしい、一番人気の『ココナッツミルクチェー』650円(税抜)。ベトナムではメジャーなフルーツ「リュウガン」も入っている

【Chè333】のチェーは、『ココナッツミルク・チェー』『マンゴーココナッツ・チェー』『ソイシロップ・チェー』『ジャスミンシロップ・チェー』の4種類。16種類のトッピングから、すきなものを乗せて自分好みにカスタマイズも可能。

チェーに入っているタピオカは毎朝茹でたて!フレッシュなタピオカはもっちもちの食感です。また、「サラシロップゼリー」や「バンダンリーフゼリー」といったトッピングは、色鮮やかで見た目もかわいく、味はどこか懐かしいほのかな甘さ。

    きなこがたっぷり使われた、日本ならではの『ソイシロップチェ―』750円(税抜)。スタッフ松田さんのイチオシメニューだ

    練乳が入っておりなめらかな甘さの『フレッシュパイナップル シントー』650円(税抜)

また、このチェー専門店で楽しめるものはチェーだけではない。チェーと同じくベトナムでポピュラーな、フルーツをたっぷり使ったスムージー『シントー』や『ベトナミーズコーヒー』、『ヨーグルトコーヒー』なども楽しめる。また、チェーも9月からは、温かい『ホットチェー』が楽しめるようになるんだとか。

    ベトナムの焼き物「ソンべ」。ホットチェ―を入れるのにもぴったりな器だ

ちなみに、8月中は店内の雑貨やお洋服など購入するとチェーにお好きなトッピングをプレゼント!「きくらげ」や「仙草ゼリー」など、お好きなものを追加できます。ショッピングやちょっと一息つきに、ぜひ立ち寄ってみてください。

  • ベトナムから輸入したアクセサリーやお皿に加え、シューズなど【333】のオリジナル商品もあります

  • トッピングは10種類以上!「仙草ゼリー」は薬草独特の苦味があるが、意外とやみつきになる香り

【Chè 333(チェー バーバーバー)】

  • 電話番号:03-6412-8866
    住所:東京都目黒区鷹番3-18-3
    アクセス:東急東横線「学芸大学」駅西口から徒歩3分
    営業時間:11:00~19:00
    定休日:不定休

この記事を作った人

取材・文/みゃんまー(フリーライター)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(8/18~8/24)

エリアから探す