ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.08.18食トレンド 旅グルメ

夏は鹿肉がウマい! 都内でおいしい鹿肉が味わえる名店3選

鹿肉の旬ってご存知ですか? 実は山で笹の葉や木の芽、若草といった餌をたっぷりと食べる春~夏に獲れる鹿が一番美味しいといわれています。そこで、狩猟免許を所持し実際に山へ入って鹿肉を食べるほど鹿肉を愛してやまないヒトサラ編集部遠藤が、絶品鹿肉料理が味わえるレストランを3店舗ご紹介します。

名猟師の鹿肉を月替わりの和食で味わう

下北沢【salmon&trout】

    8月は、鹿を冷製で味わう『鹿肉と夏野菜の冷やし鉢』を提供

下北沢にある【サーモンアンドトラウト】では、宮城県牡鹿半島で活躍している名猟師の鹿肉が和食で味わえます。そもそも鹿肉はフレンチ料理で提供されることが多く、和食で味わえること自体が珍しい。その上、こちらでいただく鹿料理からは毎回新たな鹿肉の魅力が発見できるのです!

    デートでも、友達とでも楽しめる雰囲気のお店

メニューは毎月異なり、いつも違った形で鹿肉(季節によってはイノシシなど)がたのしめます。さらに、鹿肉をすべての料理に使用したコース料理が楽しめるイベントを行ったり、鹿肉の特製サンドウィッチを数量限定で販売するなど、不定期ではありますが面白いイベントも行っています。

 

炭火で焼き上げるジューシーな鹿肉が絶品

代官山【falò(ファロ)】

    ダイナミックに盛り付けられた『日本鹿の炭火焼き』2,800円(税抜)

ここの『日本鹿の炭火焼』は、とにかくジューシーで、肉汁がじわじわとあふれ出てきます。炭火焼ならではの香りと、山ぶどうやベリーを使用したソースが鹿肉と相性抜群です! 焼き場がカウンター席の目の前にあり、じっくりと鹿肉が焼かれる工程も見れちゃいます。

    炭火で焼いている様子が見えるオープンキッチン

また、鹿肉の横に添えられたきのこやナッツがまた香ばしくて、お酒がよく進みます。鹿肉のメニューはこの『日本鹿の炭火焼』オンリー! イタリアン料理とワインと鹿肉。この3点セットはやみつきになること必須です。

 

シェフ本人が猟師。知り尽くした知恵から生まれるジビエフレンチ

表参道【LATURE(ラチュレ)】

    鹿の他、クマやイノシシといったジビエの個性を多角的に使い分けた『タルトジビエ』

【LATURE】はジビエのフレンチレストラン。「こんなに多彩なジビエ料理を満喫できるお店があったなんて……」、と感動すること間違いなしです! シェフ本人が猟師も担っているのもポイント。ジビエを知り尽くしているシェフだからこそ生み出せるジビエ料理がたのしめます。

    テーブル席とカウンター席がある。デートや大切な日に行きたい空間

シェフは、猟の大変さも身をもって把握しているので、“できるだけ命を大切に使い切る”ことをモットーにしています。料理に肉を使用するだけはなく、店内を見渡すとカトラリーに鹿の皮を使用するなど、いたるところにシェフのジビエに対する気持ちまで感じられます。

 

この記事を作った人

遠藤麻矢(ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/15~9/21)

エリアから探す