ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.02.27食トレンド

ミルキーなジャムが看板の【patisserie AKITO】で、ジャム付きモーニングやジャムを使ったケーキをチェック

洋菓子の街、神戸の【patisserie AKITO】を訪れると、棚にはさまざまな素材を使ったジャムが並びます。ホテル時代からジャムに力を入れるシェフの、また食べたくなるミルキーな逸品をご紹介します。

アプリで見る

多彩なジャムが主役のパティスリー

長年、ジャムづくりに力を注ぐシェフ

  • 柔らかな雰囲気の田中哲人シェフ

  • 熱伝導率の高い銅鍋で、2時間強かけて炊く

 甘党の人なら「ミルキッシュジャム」という商品名に聞き覚えがあるかもしれません。10年以上前に牛乳を使ったミルキッシュジャムをつくり、人気商品として大ヒットさせたのが、【patisserie AKITO】のオーナー、田中哲人シェフです。2014年4月、神戸・元町エリアで独立を果たす以前から、【ホテルピエナ神戸】のパティスリー部門【菓子Sパトリー】で長年にわたりジャムづくりに注力してきました。
 手で炊くのに近いという餡を炊く機器を採用し、時間をかけて牛乳や食材を加熱することで、まろなかなコクのあるジャムに仕上げていきます。ラインナップは常時20種ほど。ミルク系のジャムと、旬のフルーツを使ったジャム、ひとつの瓶に2つの味を詰めたジャムも並びます。

人気ブーランジュリーのパンも楽しめるモーニングはお値打ち

    『モーニング』500円(税抜)。どんなジャムが登場するかはお楽しみ

    採光も心地よいイートインスペース

 まだ知らない人も多いのが、満足度の高いモーニングの存在。神戸・御影【ビアンヴニュ】の食パンを使ったトーストに、日替わりのジャム2種とコーヒーが付きます。まだジャムを味わったことがない方にもおすすめのメニューなので、10~13時までにぜひオーダーを。

ジャムを使ったオリジナルのケーキやプリンも揃います

    左から『ミルクジャムとイチゴジャムのロール』350円、『ミルクジャムプリン』400円、『タルトショコラ・ミルクジャム』450円(すべて税抜)

 ショーケースには季節感あふれるケーキが並びますが、その中に並ぶジャムを使ったケーキに注目していただきたい。『ミルクジャムとイチゴジャムのロール』は、中にイチゴジャムとミルクジャムを入れているため、ジャムの存在感ある甘さやコクがアクセントになっており、季節によってフルーツが変わります。『タルトショコラ・ミルクジャム』はミルクジャムをタルトの底に忍ばせた一品。『ミルクジャムプリン』は、ジャムを混ぜて火を入れたまろやかなテイストが印象に残ります。秋ならカボチャや栗といった季節感あふれるジャムに出合えるのも楽しみな一軒。神戸らしい、ポートタワーをイメージした瓶入りのジャムもあるので、旅のお土産にも喜ばれそうです。

この記事を作った人

文/シキタリエ(Pavlova) 撮影/合田慎二

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(12/9~12/15)

エリアから探す