ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.09.03食トレンド

熟成炭火焼き蜜芋専門店のカフェスタイル旗艦店【& OIMO TOKYO CAFE 中目黒店】オープン

サツマイモスイーツブランド【& OIMO TOKYO(アンドオイモトウキョウ)】の初旗艦店【& OIMO TOKYO CAFE 中目黒店】が7月にオープンしました。話題となった人気商品『蜜芋バスクチーズケーキ』をはじめとした、様々なお芋メニューが楽しめます。

アンドオイモトウキョウカフェの蜜芋バスクチーズケーキ

& OIMO TOKYO初となるカフェスタイルの路面店

    目黒川からほど近い場所にある開放感のあるカフェ

    目黒川からほど近い場所にある開放感のあるカフェ

「こだわりのさつまいもを使って、東京を代表するお土産スイーツを作りたい!」そんな思いからスタートしたスイーツブランド【& OIMO TOKYO】。今年3月にオープンしたザ・ペニンシュラ東京本店に次いで、カフェスタイルの路面店となる中目黒店が7月にオープンしました。

    & OIMO TOKYO CAFEの内観

    間接照明がおしゃれでスタイリッシュな店内

シックでスタイリッシュな店内にはカウンター席とテーブル席があり、落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめます。また開放的なテラス席はペットを同伴できるので、愛犬の散歩途中などに訪れるのもおすすめです。初となるカフェスタイルのお店で、お芋のスイーツだけでなく、パンケーキやニョッキゴルゴンゾーラなどの食事メニューも充実しています。

看板メニュー『蜜芋バスクチーズケーキ』などおもたせメニューも豊富

    蜜芋バスクチーズケーキ

    販売1ヶ月でAmazonの洋菓子部門1位を獲得した看板メニュー『蜜芋バスクチーズケーキ』

ショーケースには、名物『蜜芋バスクチーズケーキ』をはじめとした自慢のさつまいもスイーツが並びます。【& OIMO TOKYO】で使うサツマイモは、種子島の契約農家のもとで直接買い付けた安納芋。石造りの熟成庫で60日間以上熟成させ甘みと旨みを加えたのち、自家製の炭を使い、じっくり遠赤外線で2時間15分かけて焼き上げています。

    『蜜芋バスクチーズケーキ』 3,456円(税込)、ギフトラッピング付き 3,780円(税込)

    『蜜芋バスクチーズケーキ』 3,456円(税込)、ギフトラッピング付き 3,780円(税込)

ミシュラン3つ星シェフパティシエの匠の技が生み出した『蜜芋バスクチーズケーキ』は、チーズケーキとスイートポテトの二層からなる新感覚スイーツ。こだわりの安納芋とチーズが醸し出すマリアージュが楽しめます。高級感のある木箱に入っていて、さらにギフトラッピングも可能です。

    熟成炭火焼き蜜芋のモンブラン

    ショートニング・上白糖不使用の『熟成炭火焼き蜜芋のモンブラン』

お店では、『蜜芋スイーツの3種盛り』として提供中の、『熟成炭火焼き蜜芋のモンブラン』は、今秋よりオンラインでも販売予定で、2021年9月よりウラウドファンディングサイトのMakuake(マクアケ)でリターン商品として公開中です。Makuakeでのリターン発送後、商品展開されます。

お芋のスイーツはもちろんのこと、お芋を使ったカフェメニューも充実。カフェメニューのキッシュやニョッキは、グルテンフリーで健康に気を使う人も満足できます。お芋の新しい発見があるスイーツ&カフェメニューが揃います。

    さつまいものキッシュ

    安納芋を使った『蜜芋のキッシュ』は、タルト生地に米粉を使用したグルテンフリー

大切な人に会う前にお土産のスイーツを購入するのも良し、店内でカフェメニューをいただくのも良し、様々なシーンに対応する【& OIMO TOKYO CAFE 中目黒店】にぜひ訪れてみてください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/16~9/22)

エリアから探す