ヒトサラマガジンとは RSS

洗練されたオシャレな空間で楽しむ、おいしくヘルシーな創作中華|和泉中央【中国菜館 あんずの花】

泉北高速鉄道・和泉中央駅から徒歩10分。閑静な住宅街の中、一見中華料理のお店とは思えない【中国菜館 あんずの花】はモダンでオシャレな雰囲気が人気です。味はもちろん、ヘルシーなメニューや手軽なコースが豊富で女子会にもおすすめ。小さな子ども連れのファミリーも気軽に足を運べる一軒です。

中国菜館あんずの花のース

清楚かつオシャレな雰囲気の中で味わう中華料理

    中国菜館 あんずの花の内観

    店内に一歩入ると、シックで洗練された空間が迎えてくれる

泉北高速鉄道・和泉中央駅から徒歩10分。閑静な住宅街の中にある【中国菜館 あんずの花】の扉を開けると、洗練された空間が広がります。スタイリッシュなインテリアや食器は特別感たっぷりで、「ゆっくりと料理を楽しんでほしい」というシェフの思いが詰まったもの。おすすめ料理が一度に味わえるコースや創作中華が人気です。

    中国菜館 あんずの花の内観

    一見、中華料理店に見えない内装はモダンでオシャレな雰囲気

白い壁と茶色のテーブル、さりげなく金箔が映える壁をアクセントに。店内は清楚かつモダンでオシャレな雰囲気です。テーブルはゆったりと寛げる間隔にセッティング。また、各テーブルにはダウンライトのほのかな明かりが届き、料理をより一層美しく演出してくれます。

新鮮な旬の野菜と、厳選した魚介でつくる創作中華

    中国菜館 あんずの花のコース

    彩り鮮やかで見た目もおなかも大満足、しかもヘルシーでうれしいコース

シェフオススメの料理が堪能できる、ボリューム満点のランチコースは旬の野菜をたっぷりと。新鮮なエビ・イカ・ホタテの海鮮炒めなど、彩り豊かな創作中華の数々も定評があります。味はもちろん、ヘルシーなものが多くそろっているので女子会にもおすすめ。小さなお子さまがいるファミリーも安心して召し上がっていただけます。

その中でも、お店オススメのメニュー3つをご紹介します!

    中国菜館 あんずの花のイカ・エビ・ホタテの海鮮炒め

    塩味で海鮮の旨みを凝縮させた『エビ・イカ・ホタテの海鮮炒め』

エビ、イカ、ホタテ。豊富に入った国内産の新鮮な魚介を、シンプルに塩であっさりと味付けた『エビ・イカ・ホタテの海鮮炒め』。彩り豊かな季節の野菜もたっぷりと、海鮮の旨みを最大限に引き出しました。海の恵みをギュッと凝縮させた贅沢な逸品は、ビールとの相性もバツグンです。

    中国菜館 あんずの花の細切り牛肉の甘味噌炒め パン包み

    手軽で老若男女に人気の『細切り牛肉の甘味噌炒め パン包み』(パン3コ)

甜麺醤のやさしい甘さが引き立つ、しっかりと炒めた牛肉をパンでいただくユニークな一品。『細切り牛肉の甘味噌炒め パン包み』は、手軽に食べられるので幅広い層のファンから愛される創業以来の人気メニューです。パンの追加(1コ120円)ができるのもうれしいポイントです。

    中国菜館 あんずの花のランチコース

    シェフのおすすめが堪能できる『おすすめランチコース』(平日)

前菜、月替わりスープ、飲茶、主菜(酢豚・大エビチリ・イカと野菜炒め・担々麺の中から1品)、飯物(炒飯・ジャージャー麺・ライスの中から1品/担々麺を選んだ場合は炒飯またはライス)と、圧巻のボリュームの『おすすめランチコース』。とってもお得な平日限定のコースは、あれこれ迷うのもまた、楽しいひとときです。

食事に合うノンアルコールカクテルもおすすめ

季節ごとに変わるオリジナルのノンアルコールドリンクも幅広く。ココナッツミルクをつかった『ピニャコラーダ』など、ちょっぴり南国気分が味わえて見た目も華やかです。趣向を凝らした全6種類のノンアルコールカクテルは、飲めない人やハンドルキーパーに好評です。

    中国菜館 あんずの花のノンアルコールドリンク

    ココナッツの風味に癒される『ピニャコラーダ』は女性に人気

一般的な中華料理の枠にとらわれず、旬の野菜や新鮮な魚介を生かした創作中華が自慢の【中国菜館 あんずの花】。30年以上のキャリアをもつシェフが心をこめてつくる料理は油っこくなく、ヘルシーで食べやすいと評判です。洗練されたモダンな空間は非日常感たっぷりで、女子会や家族の集まりにと多彩なシーンに対応してくれます。

料理人プロフィール:平松 和也さん

    中国菜館 あんずの花の料理人

1959年生まれ、大阪府出身。22歳のとき、中華の道へ。27歳のときに実の兄とともに中華レストランをスタートさせる。2001年に独自で中華レストランを、2015年10月には2号店【中国菜館 あんずの花】をオープン。「喜んでもらえる料理を一品一品丁寧に」がモットー。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

編集部ピックアップ

週間ランキング(6/11~6/17)

エリアから探す