ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.06.06デート・会食

スタイリッシュな空間でホテル仕込みの鉄板焼きコースが味わえる【Steak Lys】|東京・国分寺

国分寺駅北口から徒歩4分の【Steak Lys】へ。都会の喧騒を忘れて、洗練された空間で鉄板焼きのディナーコースが楽しめます。日本三大牛の『松阪牛』や季節ごとの野菜に大満足のひととき。ライブ感が魅力のカウンターやくつろげるテーブル席で、美味なる食材を堪能して。

ステーキリスのステーキ

シンプルで洗練された空間ながら肩肘張らずに過ごせる

    ステーキリスの外観

    店内からやわらかな光がこぼれ、ガラス越しに雰囲気のいいカウンター席が臨める

都内の五つ星ホテルで研鑽したオーナーシェフ・山田さんによる、鉄板焼き店。「高級なイメージの鉄板焼を身近なものに」と、和のテイストを盛り込んでいるのが特徴。メインの松阪牛のステーキを筆頭に、旬の食材を使った一品が満喫できます。国産の食材とオリジナル醤油で作る〆の『ガーリックライス』もたまりません。

    ステーキリスの内観

    座り心地のいいシートに身をゆだねて至福の時間を過ごして

スタイリッシュな雰囲気が漂う店内ゆえ、特別な日や記念日使いもおすすめ。ゆったりと座れるカウンター席は、目の前で繰り広げられる調理シーンも特別感たっぷり。くつろげるテーブル席もあり、さまざまシーンで利用できます。心和むもてなしも魅力。

松阪牛や季節ごとの野菜を絶妙に火入れ

肉にストレスを与えないように配慮しながら、ベストな調理を施す松阪牛のステーキがコースの主役。お肉は10ℊ単位でオーダーできるのもうれしいポイント。シェフおすすめの前菜や、汁物、サラダ、焼き野菜などが供され、デザートまで至福の時間が続きます。

では、お店がオススメするメニュー3品をご紹介します。

『松阪牛』

    ステーキリスの料理

    赤身・フィレ・サーロインそれぞれの部位ごとに魅力たっぷり

コースの主役を飾る松阪牛は、仕入れごとの肉の状態を見極めて最適な火入れを施します。高温の鉄板で表面をカリッと色よく焼き上げるのが特徴。そのやわらかでジューシーな肉の旨みや、旬の野菜の味わいに感激するはず。

『本日のすり流し』

    ステーキリスのすり流し

    旬の食材が楽しめる、喉越しのいい一品

コースに登場するすり流しは、四季折々の素材の魅力が味わえます。例えば春のある日なら、新玉ねぎをじっくりと炒めて甘みを引き出し、和風だしを合わせたものが登場。空豆や桜エビが彩りを添え、季節感を演出します。

『デザート』

    ステーキリスのデザート

    バラエティ豊かに揃えるデザートより、写真は山椒が香るバスクチーズケーキにバニラアイスを添えたもの

コースを締めくくる、とっておきのデザートもお楽しみ。例えばバスクチーズケーキに山椒の風味をちりばめるなどシェフならではの工夫が引き立ちます。添えるミントは、西東京のハーブ園から届いた爽やかな香り漂うブラックミント。料理の余韻に浸りながら、品のある甘みに酔いしれて。

一杯からオーダーできるワインは種類も豊富

    ステーキリスのワイン

    ワインをグラスでオーダーしてコースの流れに合わせて楽しんでみては

至福のコースに合わせて楽しみたいのがラインナップ充実のワイン。乾杯のスパークリングワインも一杯から楽しめます。オーガニックをはじめとしたボトルワインが多彩に揃うので、気軽に相談しながら料理とのペアリングを満喫して。

ラグジュアリー感漂う空間は、記念日になど大切な日を過ごすのにふさわしい雰囲気。特別感がありながらも、アットホームな居心地のよさに心満たされます。熟練の腕で焼かれたステーキやコースを彩る料理の数々は記憶に残るはず。事前予約で魚介コースもオーダーできるのも魅力です。

料理人プロフィール:山田一郎さん

    ステーキリスの山田さん

    1967年、宮城県生まれ。当時宮城県内にあった仙台ホテルで18歳よりキャリアをスタート。パティシエとして経験を積んだ後、22歳で上京し都内五つ星ホテルの一員に。洋食部門のシェフとしてレストランや宴会場などで腕を振るう。30歳からは鉄板焼レストランで国内外から訪れるVIPをもてなし、技術とサービスを磨く。その後50代半ばで独立し【Steak Lys】をオープン。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/14~5/20)

エリアから探す