ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.10.05デート・会食

若き大将の技とセンス、進化する江戸前鮨で注目の名店【すし屋のまさ勝】

東京メトロの水天宮前駅から徒歩1分、名店がひしめく日本橋蛎殻町に2023年3月に創業した【すし屋のまさ勝】。江戸前の技を軸に「雑味をとる」丁寧な手仕事から生まれる握りは、ネタの上品な香りと味わい、シャリとネタの一体感が格別。瞬く間に注目店となり、幅広いファンを魅了しています。

すし屋のまさ勝の鮨

食を楽しむ大人が集う日本橋蛎殻町に新規オープン

    すし屋のまさ勝の店内

    7席限定のカウンターで、一人ひとりのゲストに最善の仕事を

店内はカウンター7席のみ。フルオープンスタイルのカウンター越しに大将の見事な手さばきを眺めつつ、おいしい鮨とお酒のペアリングが満喫できます。鮨通から初心者まで分け隔てなく、誰もが安心して憩える温かい接客も魅力。接待はもちろん、一人鮨を楽しむゲストも多く、東京一人旅や出張時にもオススメです。

最上級の素材と「雑味をとる」丁寧な手仕事

    すし屋のまさ勝のコース提供イメージ

    若き大将が技とセンスを結集したコースを披露

メニューは昼・夜とも『おまかせコース』のみ。全国の好漁港で水揚げされた魚介や名門仲卸から仕入れるマグロなど、最高級の食材をそろえ、素材の香りと雑味のない味わいを楽しめるよう、丁寧な仕事が徹底されています。シャリは赤酢ベースと米酢ベースがあり、2種の使い分けも絶妙です。
代表的なコースから、お店オススメの3品を紹介します。

上品な脂の甘みが際立つ感動の一貫『大トロの握り』

    すし屋のまさ勝の大トロの握り

    最高峰のマグロの大トロに赤酢ベースのシャリで際立つ旨さ

日本屈指のマグロ仲卸、豊洲市場の「やま幸」から仕入れる最上質の大トロを、圧巻の味わいと存在感の握りに。赤酢ベースのシャリを合わせることで、マグロの上品な脂の甘みが際立ちます。口にした瞬間の感動はもちろん、記憶に残るおいしさでリピーターを呼ぶ人気の一品です。

だしのとろみとシャリの出合いが新鮮 『蟹のあんかけ』

    すし屋のまさ勝の蟹のあんかけ

    コース中盤に登場することが多いスペシャリテの一つ

北海道オホーツク海産を中心に、その時期おいしい蟹を一番だしのあんかけ仕立てに。蟹の旨みが凝縮されたとろみだしと米酢ベースのシャリの爽やかさが相まって、「何度でも食べたくなる」というファンが多い印象的な一皿です。コース中盤で出されることが多いのでお楽しみに。

至福の一品! 上品な脂が口の中に広がる『あん肝』

    すし屋のまさ勝のあん肝

    地酒やワインとのペアリングがオススメ ※写真はコースの一例

北海道余市産の上質なあん肝を、季節ごとに味付けの濃淡を調整して提供。繊細で上品な脂が口の中に広がります。豊富に取りそろえた地酒やワインとのペアリングがオススメです。

常時100銘柄以上の地酒やワインとのペアリングも

    すし屋のまさ勝の地酒ワイン

    店の鮨に合う日本酒を大将がセレクト

蔵元直送で仕入れる秋田「新政」をはじめ、長野「信州亀齢」など、日本各地の銘酒が常時100銘柄以上。大将の故郷・北海道の「さっぽろ藤野ワイナリー」の体に優しいワイン、季節のつまみや鮨に合うブルゴーニュやシャンパーニュも充実。ゲストの好みに寄り添う、ペアリングのカスタマイズにも応じてくれます。

料理人プロフィール: 齋藤 大勝 ( サイトウ マサカツ)さん

    すし屋のまさ勝の齋藤さん

1997年、北海道生まれ。札幌市すすき野の名店【すし屋のさい藤】の長男として生まれ育ち、幼少期から魚介と料理に親しむ。札幌の鮨店で修行後、東京での開業を決意。銀座をはじめ、都内の名店で江戸前の技を磨きつつ、独自の鮨を目指す。2023年春、25歳で独立し、柔軟な発想と独自のセンスで、日本橋蛎殻町から江戸前鮨の新たな魅力を発信。海外ゲストには英語でのもてなしにも対応する。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/20~5/26)

エリアから探す