ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.11.15食トレンド

吉田羊、太賀インタビュー|映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』~二人の母の味とは?さらにテッパン差し入れもご紹介~

美しく人格者と慕われる母から虐待を受けていた自身の壮絶な半生を赤裸々に描いた、歌川たいじのコミック・エッセイ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(11/16公開)が映画化。主人公、タイジ役を演じた太賀さん、母を演じた吉田羊さんに、作品への想いやお二人の母の味、テッパンの差し入れ品もお伺いしました。

アプリで見る

Story

ネグレクトを受けながらも、20年以上、母の愛をあきらめなかった息子の実話

幼少期から虐待を受け、親からも友達からも愛されたことがない青年タイジ(太賀)が、大人になって心を許せる友人たちと出会ったのをきっかけに、何年ものあいだ関係を断っていた母・光子(吉田)と向き合い、その愛を取り戻そうとする姿が描かれています。

    ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

Interview

──虐待してしまう母と、虐待されながらも愛されようとする息子という難しい作品。この映画の台本をもらった時、どう思われましたか?

太賀(以下、太):最初に脚本を読ませて頂いたとき、とても壮絶な人生で悲しい物語という印象を受けました。果たして僕に演じることができるのか、とハードルの高さを感じました。その後、歌川さんの原作コミック・エッセイを読んで、ポップな絵のタッチや温かさから、自分を肯定しようとする気持ちや母に対する愛情を感じ取り、この物語の本質はここにあると思いました。

吉田羊(以下、羊):これだけ重い題材をあえて軽やかに、客観的に描いている原作から、脚本は“母の愛を渇望する子供”と“生きる喜び”、この2つを抽出していて、さらに光子さんの孤独や孤立をも描くことで、特定の誰かを悪者にしない、この物語に関わるすべての人を幸せにしたい、そんな御法川監督の想いや愛情が感じられる脚本だなと思いました。

    ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

──羊さんが演じられた母・光子は、息子を愛せず、虐待してしまう母親という難しい役柄。どのように向き合い、演じられたのですか?

羊:撮影に入る前に、歌川さんからお母さんについてのエピソードを伺いました。でも、聞けば聞くほど、理解からは遠く離れていくんです。なぜ虐待しなければならなかったのかがどうしてもわからなくて、途方に暮れました。そんな時に、御法川監督が「凸凹で、不完全で、不安定なまま演じてください」と言ってくださって。その時に、あぁ、そうかと。光子さんも母親というものがどうあるべきかわからず、もがきながら生きていたんだと。そこからは、なんとかこの“わからなさ”と光子さんがリンクするようにと祈りながら演じました。

──役とともにもがき、演じられていたんですね。

羊:ただ、ひとつ大事にしたいと思ったのは、光子さんは未成熟なまま母親を強いられた人だけど、決してエクスキューズ(弁解)はしないこと。育児放棄も虐待も絶対に肯定したくない。彼女が未熟であればあるほど、それでも母を愛している、求めている息子の愛が、より深く濃く見えるのではないかと思いながら演じました。

    ヘア&メイク:paku☆chan(ThreePEACE)、スタイリング:梅山弘子(KiKi inc.)

──劇中で、光子がタイジのためにつくる「混ぜご飯」。この母の味が、二人の間にある“心許ないつながり”であり、”救い“だと感じました。タイジを愛せない母親が、手の込んだ「混ぜご飯」をつくり続けた理由は何だったと思いますか?

羊:わたし、この光子さんに対して理解できないことが本当に多くって。でも、唯一彼女に共感できるとしたら、ご飯をつくり続けたことなんです。生きることって食べることだから。息子を生き続けさせたいって想いはあったんだなって、彼女の行為から感じ取ることはできました。実際に、劇中に出てくる「混ぜご飯」は歌川さんご本人がつくってくださったのですが、それをバーッとぶちまけるシーンでは、ご本人がつくったものだと思うととても胸が痛みました。それに、自分のことを想ってつくってくれたご飯って、やっぱり特別なんだなって思いましたね。

    ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

──そんな特別な「混ぜご飯」を食べるタイジは、どんな気持ちだったと思いますか?

太:母と自分を繋ぎ止める唯一のものがこの「混ぜご飯」で、でも繋ぎ止めるにはそれだけではどう考えても足りなくて。母に触れることはできないし、少しでもつながりたいから自分でもつくってみて、その味で母を感じる。言葉ではないコミュニケーションを図っていたのではないかと思います。

──母の味は子供にとってかけがいのないものですが、お二人にとっての母の味は何ですか?

太:僕の母の味は、「いつものやつ、つくって」と言えば出てくる、チキンをトマトで煮込んだスープです。僕が体調を崩した時に身体に良いものを食べさせようと、家にあった野菜をたくさん入れて煮込んでくれたんです。普段からおかんの料理は好きなんですが、それは特別うまく感じました。それからは、「今日、なに食べたい?」「いつものやつ」と、ことあるごとにお願いするようになりました。今でも実家に帰ると必ずつくってもらいますね。

    ヘア&メイク:高橋将氣、スタイリング:山田陵太

羊:私は、ミートソースパスタです。小さい時から母のつくるミートソースが大好きで、お誕生日や節目の時に必ずつくってもらいました。一昨年の秋に、「ミートソースをつくって来たよ」って父と母がうちに遊びに来てくれたんです。そのときのミートソースが実は冷凍庫に残っていて。冷凍庫だからまだ大丈夫だとは思うのですが、どのタイミングで食べればいいのかわからなくて、タイミングをはかっています。

──そのミートソース、再現できたらいいですよね。

羊:なんとなく再現はできるのですが、完璧じゃないんです。母に「あのレシピって何なの?」って聞いたら、母も目分量の人なので「そんなの覚えとらんよ」って(笑)。「でもひとつだけ言えるのは、和風だしってこと」と。私の小さい時の記憶では、チキンブイヨンなどの洋風だしの記憶だったのに、「えっ、和風だしだったの?!」って衝撃の事実でした(笑)。

──和風だしは珍しいですね。太賀さんは母の味を再現されたことありますか?

太:普段は全然つくらないのですが、クランクイン前に「混ぜご飯」を1回つくりました! 歌川さんの原作に書かれているレシピをもとに、自分の母にアドバイスをもらいながらつくったのですが、手間がかかるし、本当に難しかったです。歌川さんご本人にも「混ぜご飯」をつくって頂いたのですが、比べ物になりませんでしたね。

──羊さんは普段からお料理されますか?

羊:します。最近は、よくアクアパッツァをつくっています

──おしゃれですね。

羊:アクアパッツァって横文字だから一見難しそうに思われがちですが、結構簡単で。華丸大吉さんにも、「要は煮魚やろっ!」って言われました(笑)。今年の6月に南フランスに行ってプロバンスハーブを買ってきたんですが、ものすごく美味しくて。それを煮魚の上にかけるだけで、あっという間にアクアパッツァになるんです。なので、最近はアクアパッツァにハマってます。

    ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

──映画全体の中で印象的なシーンはありますか?

太:ラストシーンが印象に残っています。羊さんとは喧嘩など争っていることが多かったので、演じていて精神的に楽ではなかったです。殴られたり、罵倒されたりすればするほど、“自分のことを理解してほしい”、“目の前の母とつながりたい”って気持ちがどんどん強くなってきて。ラストシーンでは、目の前に羊さんがいて、僕がいて、タイジとして母として向き合えた。家で台本を読んで考えていた野暮なことよりも、新鮮な感覚で演じられたのが印象的でした。

羊:印象的だったシーンはたくさんありますけど、全体を通して太賀君の目がずっと怖かったんです。太賀君がタイジそのもので、何かを言いたいけれども飲み込んだり、言いたいのに言えないもどかしさだったり。でも、物は言わないのに目が語っていて。その目が光子の私から見ると、母としてダメだと言われているような、否定されているような、見透かされているような、そんな気分になって終始怖かったんです。でも、撮影が終わってその話をしたら、太賀君が「自分も、“いま光子さんは何を考えているんだろう、知りたい”という想いで見ていました」と言われたときに、あぁ、この温度差がこの親子の温度差でもあるんだろうなって感じました。

──この作品は、観る人によって捉え方や感じ方が異なる本当に難しい作品だと思うのですが、この映画を観てどんなことが伝わってほしいと思いますか?

羊:この光子さんもまた、愛し愛されたいと願った人だったんだなって。それが観ている人に伝わればいいなって思いました。また、この映画で虐待の当事者のみなさんを救いたい、なんてことを言うつもりはありませんし、できないと思っています。それでも、周囲の人たちがそういう方に相対した際に、“こんな助け方があるのか”、“こういう声のかけ方があるのか”というヒント、きっかけになるかもしれない。そんな時、この映画が少しでも背中を押すことができたらと思います。

太:監督が、これは母と子の恋愛映画だとおっしゃっていて。二人の“ズレ”だったり、虐待や衝突はあるのですが、それでも本当は愛し合っている。その愛情が伝わればいいなって思いますね。

羊:良くも悪くも、似たもの親子なんですよね。同じように“愛し、愛されたい”と思いながらも、不器用が故にそれがうまくいかなくて。でも、この映画のラストを観ると、この二人にはきちんと愛があったんだって感じて頂けると、信じております。

太:信じております。

テッパン! 差し入れ品

ハードな撮影現場で喜ばれる差し入れ。吉田羊さん、太賀さんにお気に入りの“差し入れ”を教えていただきました。

吉田羊さんのオススメ! 
「季節のフルーツ」

「その時、旬の果物を差し入れます。デパ地下で買うことが多くて、東急フードショーなどに買いに行きます。最近でいえば、シャインマスカットを差し入れました」

太賀さんオススメ!
【たねや】の『どらやき』

    『どらやき』1,059円(6個入)、1,836円(10個入)、2,754円(15個入)、3,564円(20個入)、5,292円(30個入)

「撮影の合間に、スタッフさんがパクっと食べれて、糖分補給になる【たねや】さんのどらやきです。凄くおいしくてオススメです」

【たねや クラブハリエ 渋谷東急本店】
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店 本店 B1F
電話:03-3477-3111(東急百貨店 本店 代表)
アクセス:各線「渋谷」駅
営業時間・定休日:百貨店に準じます
公式HP:https://taneya.jp/

【たねや 通信販売】
電話:0120-295-999
オンラインショップ:https://shop.taneya.co.jp

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

  • 2018年11月16日(金)より 新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国公開

    出演:太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳 小山春朋 斉藤陽一郎 おかやまはじめ 木野 花
    原作:歌川たいじ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA刊)
    脚本:大谷洋介
    監督:御法川修
    公式HP:http://hahaboku-movie.jp/
    ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』予告

この記事を作った人

撮影/三橋優美子 取材・文/シマアキコ(ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(12/10~12/16)

エリアから探す