ヒトサラマガジンとは RSS

日本全国からおいしいものを集めた【グランドフードホール 芦屋店】に、カスタムサラダが新登場!

日本中から「本当においしいもの」を集めた、兵庫県・芦屋の【グランフードホール芦屋店】は、東京・六本木ヒルズにも2号店を構えるほどの人気店。行楽シーズンにぴったりの、テイクアウトにおすすめの新商品や、ロングセラー商品をご紹介します。

日本全国から「おいしいもの」を集めた食の宝庫

    厳選された「とっておきのおいしいもの」が並ぶ生鮮食品コーナー

【グランドフードホール】は、東京の流行の中心地・六本木ヒルズにも出店するほどの人気店。ここ芦屋店は、その本店です。日本全国から「とっておきのおいしいもの」を集めたグロッサリーや、店内のキッチンで和洋のシェフが手掛けるデリなどが楽しめます。

    店内にはイートインコーナーも併設されています

商品選びで最も大切にしているのは「おいしさ」。無添加で安心できる食材や、その食品が生まれた背景を大切に、厳選した食品・食材が揃う“食の宝庫”です。食品添加物がまだなかった1950年代を投影した内装や、その時代のBGMが流れる空間で、ゆったりと食に向き合えます。

テイクアウトにぴったりの、サンドイッチやカスタムサラダ

    『グリーンサラダ』680円(税別)に、『フルーツセット』400円(税別)などを組み合わせて

行楽シーズンにあわせて、バリエーションが豊富な「カスタムサラダ」が新登場。『グリーンサラダ』に『フルーツセット』をカスタムしたり、『ニューヨークセット』、『チキンエッグセット』などを組み合わせれば、その日の気分にあったオリジナルサラダが完成します。お好みでシェフオリジナルの4種の『ドレッシング』や、ナッツ、ビーンズなどのトッピングも可能です。

また、独自の手法で野菜の鮮度を無添加のままキープ。味を第一にしながら、安心・安全をこころがけた料理が揃います。

    写真左上:『カレーチキンサンド』550円(税別)、写真下:『トリュフバター香るたまごサンド』850円(税別)、写真右上:『トリュフバター』2,800円(税別)

サラダと合わせて行楽シーズンのテイクアウトにおすすめなのが、『トリュフバター香るたまごサンド』や『カレーチキンサンド』などのサンドイッチ類。『トリュフバター香るたまごサンド』は、単品でも販売されている人気の『トリュフバター』をつかったサンドイッチで、贅沢な香りが楽しめる逸品です

    手間暇をかけてじっくりつくる『和牛のローストビーフ』100gあたり1,680円(税別)

ショーケースに20種近くが並ぶ惣菜メニューのなかで一押しなのは、『和牛のローストビーフ』。フライパンで焼き目をつけて、たくさんの野菜の上に塊肉をおいて、何度も煮汁をかけた後、オーブンでじっくり丁寧に焼いています。そのときどきでイチボ、ラムシンなど、お好みの部位をオーダーすることもできます。

愛され続けるロングセラー商品も要チェック

    お店の看板商品『ローストナッツ缶』2,000円(税別)

お店のオープン時から愛され続けている『ハニーローストナッツ缶』は、6種類のナッツをブラウンシュガー、バター、蜂蜜でじっくりとローストしたもの。カシューナッツなど油脂の多いナッツにも、時間をかけることでじんわりと味を染み込ませています。

ほかにも、オリーブオイルとハーブが香る『ハーブローストナッツ缶』、甘さとコーヒーの香りが人気の『コーヒーローストナッツ缶』が揃います。贅沢な味わいをじっくり楽しんでみてください。

    トーストに『フレッシュピーナッツバター』780円/200g1cup(税別)と、『アップルバター』155g 1,150円(税別)を塗るのは、アメリカの定番の食べ方なのだそう

『フレッシュピーナッツバター』のおすすめの使い方は、トーストに塗るのはもちろんですが、ほうれん草の和え衣としてつかったり、豆乳鍋のシメに麺やラー油とともに加えれば、担々麺にもなります。想像を膨らませながら自分流のアレンジも楽しめそうです。

日常の食シーンを豊かに彩ってくれる一軒へお出かけしてみませんか。

【グランドフードホール 芦屋本店】

  • 電話:0797-35-2020
    住所:兵庫県芦屋市東山町6-6
    アクセス:神戸線「芦屋川」駅より徒歩12分
    営業:10:30~20:00(日・祝~18:00)
    定休日:月曜、不定休

この記事を作った人

取材/シキタリエ(Pavlolva)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/17~10/23)

エリアから探す