ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.06.13旅グルメ

美しい世界遺産都市、サンクトペテルブルグで伝統料理をぜひ!

全世界で活躍する和楽器グループ「AUN J クラシック・オーケストラ」。そのリーダーである井上良平が書き下ろす、音と食の魅惑ワールド。第6回目は、ロシア・サンクトペテルブルグ公演に行った時の話。美しい世界遺産都市サンクトペテルブルグの街角にある、イタリアンテイストで供されたロシアの伝統家庭料理です。優しい味で、日本人には赤いビーツが珍しい。本場で食べたいロシアの母の味です。

アプリで見る

初のサンクトペテルブルグは大阪に似てる!?

 さて今回はロシアのサンクトペテルブルグへ行ってきた。街全体が世界遺産だということで美しいと聞いていたが、まさに噂通りの街並み。

 315年前にピュートル1世が、ヨーロッパとの交易の玄関口として荒地だった場所を開拓して造られた街だ。またロシアが誇るエルミダージュ美術館や国立ロシア美術館も存在感があり、世界中から観光客が訪れる。フィンランド湾がすぐそこにあるほど、北欧に近いのだが、天気は滞在中、晴天でほんとうにラッキーだった。Tシャツでも歩けるほどの気温で、過ごしやすい。

    美しい世界遺産都市、サンクトペテルブルグ

    街中に張り巡らされた運河

 街並みはソ連時代を彷彿させるものもあれば、近代的なものもあり、景観としてはまさにロシア第二の都市だ。
 
 日本でいえば、大阪。河もたくさんあって、あ〜ここは梅田のあそこやとか、ここは十三やな〜とか、心斎橋の橋になんか似てるわ、とか大阪人の癖で、ついついそんなことを口走ってしまい、メンバーに白い目で見られるということが頻繁に起こるわけである。旅の楽しみにを奪うつもりはないが、申し訳ない。

    多くの観光客が訪れる血の上の救世主教会

日露仏の首脳の前で三味線を演奏!

    ロシア国立シンフォニーカペラホール

 コンサートは和楽器だけの8人グループAUN J クラシック・オーケストラの公演がロシアを代表する劇場のひとつマリインスキーコンサートホールとロシア国立シンフォニーカペラの2回公演だ。
 そしてエルミタージュ美術館と同じ設計家がデザインしたエカテリーナ宮殿の黄金の間で日ロ首脳会談の前夜祭としてロシア政府主催の世界的な指揮者のゲルギエフさんのガラコンサートを催され、プーチン大統領と安倍首相ご夫妻、また来賓としてフランスのマクロン首相を招いて行われた晩餐会でAUN J クラシック オーケストラとして演奏するという名誉をうけました。

 そんなハードルの高い中でしたが、無事に日本代表としてがんばりましたよ。

    国立シンフォニーカペラホールは満員御礼

 和楽器だけの8人グループ、AUN J クラシック オーケストラの90分公演の最後はスタンディングオベーションでした。ほんとうにありがとう。

    エカテリーナ宮殿にて日露仏首相の前での演奏風景

 エカテリーナ宮殿にてリハーサルをするが、そっから緊張感あります。いったいこのハードルの高さはどのぐらいだと、考えてみると。たまたま入ったレストランに、安室ちゃんがいて、X-JapanのYoshikiさんと、朝青龍がいっしょにご飯を食べてたみたいな感じなのだ。よくわからないが、一瞬、目を疑い不覚にも怯んでしまう感じ、分かるかな〜?

赤いビーツはロシアのおふくろの味

    街角にあるイタリアンレストランでロシアの家庭料理を!

    店内の雰囲気

 そんなロシアの味を知るということで、伝統料理をご紹介したい。石造りの街並みの一角あるこのお店。こじんまりとして旅の初回として気軽に入れるお店だ。いつものように地元の方に紹介してもらったのが【ROMEO'S】というイタリア料理の店。そこで出すロシアの料理は「美味しいですよ〜」とこちらの意図とはちと違いますが、まあそのあたりは味優先で。

    モルスという飲み物

 赤いビーツを使った料理も多く、『ヴイニェグリット』と呼ばれる家庭料理はロシア人なら誰でも作れるそうだ。ビーツをメインに塩きゅうりと人参、ポテト、グリーンピースが入ったサラダは異国溢れるものである。

    『ヴイニェグリット』と呼ばれる家庭料理

『ゴロフォヴイ』と呼ぶスープも優しい味で、フライトで疲れた身体にちょうどよかった。人参、じゃがいも、そして少し焼いたディルのハーブで味付けされたコンソメ仕立てのチキン出汁スープのお味。同行したマリーさんは、これはロシアの母の味だと言っていた。こちらもまずはロシアの伝統的な料理を食べたいとの注文だったので、これはこれで素朴な味わい。

    『ゴロフォヴイスープ』

 僕はメインに定番の魚とご飯を選んだ。体格のあるロシア人にしては少なめかなっと思えるが、ちょっとイタリアン風であるがロシアの伝統的な味わいがあって、初日の最初のランチとして絶好の走りだしたぞ!
 白身魚もシンプルで日本でいうオーロラソース掛けというのか、バターと白ワイン、そして自家製マヨネーズで和えたムニエルだ。フィンランド湾とラドガ湖に挟まれたサンクトペテルブルグはやはりシーフードは豊富にあるそうだ。料理の名前はと聞くと、これは「魚とご飯です! とはっきりと僕にもわかる英語でのお答え。
 うーんここで「日本で有名なシェフとお客さんを繋げるすごいインターネットサイトがあるのだが、その名前はヒトサラマガジンといって不定期だが私はそこで5回ほど連載しているんです」と拙い英語で説明するのも気の弱い僕は出来なかった。

    名前は魚とご飯でした

 また外国に来たら伝統料理や庶民が食する味をぜひ味わってほしい。僕らも伝統楽器を演奏しているこそ、食という生きる糧から音楽も生まれて来るし、その国を理解して感じるのはその国の民族が愛する味を知ってほしいな。そしてまた自分たちの伝統の味や、その違いや共通点を感じられるのは海外に来たからこそ分かることでもある。ぜひふらっと知らぬ街の店に飛び込んでみるのも旅の楽しみである。

白夜のサンクトペテルブルグ、創立315年記念日にて

    AUN J クラシック オーケストラ開演前に

    エカテリーナ宮殿にて、右側が著者

Info

10th Anniversary AUN J クラシック・オーケストラ
「unplugged live 2018〜face2〜」
2018年6月30日(土)表参道・銕仙会能楽研修所

住所:東京都港区南青山4丁目21-29
開場 14:30 開演 15:00
チケット:5,000円(税込・整理番号有)
http://eplus.jp/aunj

問い合わせ:info@aunj.jp
※未就学児童入場不可
※場内土足厳禁ですので、お履物を脱いでご入場いただきます。
※座布団席となります。

AUN J クラシック・オーケストラ デビュー10周年記念
Les Frères × AUN J クラシック・オーケストラ「ガラコンサート」
2018年10月20日(土)和光市民文化センター サンアゼリア

住所:埼玉県和光市広沢1-5
開場 17:30 開演 18:00
チケット:指定席 5,000円(税込)
一般発売:8月18日(土)10:00〜
問合せ:HANDS ON ENTERTAINMENT TEL:03-6812-9539(平日11:00~18:00)

「AUN J」バックナンバー

この記事を作った人

文・写真/井上良平

AUN(あうん)というグループで和太鼓と三味線や笛を演奏している双子の兄です。鬼太鼓座で12年間活躍し、AUNとして独立。2008年、8人グループ「AUN J クラシック オーケストラ 」を結成。和楽器をもっとみんなの心に届かせたいと思っています。

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/16~10/22)

エリアから探す