ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.01.07健康美食 連載

ボディメイクの達人・桑原流 朝3分の早起き習慣で燃焼型ボディを手に入れる方法

グッドシェイプを目指すには、適度な運動、バランスの良い食事、十分な睡眠が大事とは分かっていても、継続できなければ成果は期待できません。無理をして大きくライフスタイルを変えても、なかなか長続きしませんから、「これなら続けられそう」と思える小さな変化から始めてみませんか。

アプリで見る

筋トレをする人が増加中

 最近、筋トレが盛り上がっています。一時期は多くのフィットネスクラブからウエイトトレーニングをするスペースが削られていき、有酸素運動やスタジオレッスンが主流となりましたが、最近はまた筋トレをする人が急増しているのです。
 ゴールドジムのような本格的なジムが首都圏を中心に勢いを増して出店していて、他にも24時間のジムが登場したり、小さな個室を利用したパーソナルジムもどんどんと増えています。

 筋トレは筋肉をつけるために行う行為ですが、では筋肉をつけると一体どんないいことがあるのでしょう。ひとつは代謝が上がるということかもしれません。
 筋肉が多い人は少ない人よりも代謝が高い、つまり、筋肉をつければ余計な脂肪を蓄えないカラダになるのです。しかし筋トレを行うことで着実に筋肉はつきますが、すぐにはつかないというのが難しいところです。

いつもより3分早起きして水を1杯!これが代謝アップの第一歩

 もっと効率よく代謝を上げる方法はないのでしょうか。

 実は、難しくも辛くもない、お手軽に代謝を上げる方法があるのです。筋肉が多い人も少ない人も、その人なりに1日の中で代謝は変化していますが、就寝中が最も代謝が低い状態というのは共通しています。この寝起きの代謝が低いタイミングを狙うのです。

 ふだんより3分だけ早起きしてください。それぐらいなら「できそう」と思っていただけたのではないでしょうか? いつもよりも3分早く起きて最初にすること、それはコップ一杯の水を飲む。簡単です。空腹の状態で水を飲むと代謝が少しだけアップします。

 もし可能であれば、一緒に「グルタミン」というアミノ酸も飲んでみてください。うま味調味料に含まれるグルタミン酸と勘違いする方がたまにいますが、グルタミンですので、お間違いなく。
 グルタミンは、サプリメントとしてスポーツ量販店やネットで売られています。グルタミンは胃腸のエネルギー源になってくれるアミノ酸で、朝から胃腸を活性化させる上で最適なサプリメントなのです。

 朝3分早起きして、グルタミンを水で流し込む。ほんの数十秒の作業で、代謝が効率よく上がってくれます。しかも、二度寝をしない限り、上がった代謝は落ちません!

代謝アップのスイッチをON

 仕上げに、簡単なエクササイズをご紹介しましょう。

 ポイントになるのは「肩甲骨」。肩甲骨の付近には「褐色脂肪細胞」というものがあります。脂肪細胞と聞くと良いイメージがないかもしれませんが、ふだん我々が目の敵にしている内臓脂肪や皮下脂肪は白色脂肪細胞と呼ばれるもので、褐色脂肪細胞はこの白色脂肪細胞を燃やし始めるスイッチのような役割をしてくれます。

 肩甲骨を動かすことで、上手に褐色脂肪細胞を刺激できるというわけです。エクササイズの動画リンクを掲載しておきますので、ぜひ実践してみてください。

簡単!代謝アップエクササイズ

 1日や2日で大きな変化はありません。しかし、例えば歯磨きのごとく、朝3分の作業がライフスタイルに溶け込んでしまえば、その積み重ねの効果は絶大です。一人でも多くの方に代謝アップを実感していただきたいですね。

この記事を作った人

取材・写真/桑原 弘樹

大手メーカ-で16年以上スポーツサプリメントを企画・開発。桑原塾を主宰。NESTA JAPANのPDA 。Tarzan等各誌での企画監修、著書「サプリメントまるわかり大事典」「私は15キロ痩せるのも太るのも簡単だ!クワバラ式体重管理メソッド」等

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(11/14~11/20)

エリアから探す