ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.10.19食トレンド

話題のスイーツブランド【DEAR BUTTER SAND】から『幸せの焦がしバターサンド』3個入りが登場!

世界で愛されるフレンチの名店【フロリレージュ】の川手寛康シェフが初プロデュースした洋菓子のブランド【DEAR BUTTER SAND(ディア バターサンド)】から、『幸せの焦がしバターサンド』3個入りが登場。自分へのご褒美やちょっとしたギフトにぴったりなサイズです。

DEAR BUTTER SAND

『幸せの焦がしバターサンド』に3個入りが登場

    幸せの焦がしバターサンド

    断面も美しい『幸せの焦がしバターサンド』

【DEAR BUTTER SAND】は世界のベストレストラン 50 ほか数々の賞を受賞し世界から注目を浴びるフレンチシェフの川手寛康シェフが、幼い頃からバターサンドが大好きだったことから「これまでの人生で出会ったどんなバターサンドよりも心に響くものをつくりたい」という思いのもとスタートしたスイーツブランドです。

第一弾商品として今年5月に販売を開始した『幸せの焦がしバターサンド(6 個入り)』は、発売後ほどなく初回生産分を完売。瞬く間に2000個以上を販売し、その後も約2か月待ちの予約注文が続く商品となっています。

    幸せの焦がしバターサンド

    気軽に手に取りやすい3個入りのパッケージ

そんな『幸せの焦がしバターサンド』に、このたび3個入りが新登場。“ちょっとしたギフトにも使えるようになったら嬉しい” という声に応えるかたちで、2023年10月19日(木)より 1箱3個入り(価格:2,480円 税込)の新サイズがオンラインショップで販売を開始します。

サブレ生地、バタークリーム、レーズンへのこだわり

    川手シェフ

    自身のバターサンド愛を詰め込む川手シェフ

バターサンドを構成する、サブレ生地、バタークリーム、レーズンいずれもシェフのこだわりが詰まっています。サブレ生地には、ブルターニュ地方の伝統菓子であるガレットブルトンヌをセレクト。ガリッと硬めの歯応えを感じると、驚くほど軽やかな口溶けが待っています。バタークリームには、焦がしバターを採用。バターに熱を加えることでバター本来の香りとは異なる香りになり、その複雑さがよりフランス的な味わいを生み出しています。

    バタークリームとラムレーズン

    こだわりのバタークリームと、一晩漬け込んだラムレーズン

クリームの中に散りばめられたラムレーズンには、沖縄にある伊江島蒸留所が醸す「イエラム サンタマリア ゴールド」を使用。伊江島産サトウキビの搾り汁のみで仕込み、単式蒸留器を使ったアグリコール製法によるもので、この製法によるラム酒は全世界の総生産量の約3%しかない稀少なものです。さらに、オーク樽で熟成することで生まれるふくよかな樽香が奥深さをプラス。一晩漬け込むことで、まろやかなラムレーズンが出来上がります。

六角形という形状に込めたシェフの想い

    幸せの焦がしバターサンド

    調和の取れた美しい形を追求したバターサンドに仕上がった

バターサンドの六角形という形状にも「手に取ってくださった方に幸せになって欲しい」という想いが込められています。六角形は蜂の巣や雪の結晶など自然がつくり出す最も安定した構造。「調和」の意味があり、亀甲文様のように長寿や繁栄の象徴として縁起が良い形です。

    川手シェフ

    「これまでにないバターサンドの感動をぜひ体験し、そして、幸せな気持ちに浸っていただけたら」と話す川手シェフ

「DEAR BUTTER SAND 6 個入りは何人かで召し上がるときに丁度良いのですが、一人で食べきるには解凍してから少し時間がかかってしまいます。 そんな時にこの3個入なら、きっと最高の状態で召し上がっていただけます。 今までよりも気軽に、皆さまにお試しいただける機会が増えると思うととても嬉しいです」 と川手シェフ。ひとり時間のご褒美に、ちょっとしたお持たせに。『幸せの焦がしバターサンド』とのひとときをぜひお楽しみください。

このほかの『幸せの焦がしバターサンド』関連記事

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/16~5/22)

エリアから探す