ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.03.04旅グルメ 連載

70階というホテル最上階から望むシンガポールの絶景と、モダンフレンチが紡ぐ至福の時間【Jaan】

シンガポールへ行ったらまずはここへ。数々の食通たちにそう言わしめるシンガポールらしい絶景と、現在のトレンドを映し出したモダンフレンチを提供するのが屈指の人気店【Jaan】の特徴です。シンガポールという国の勢いとパッションを感じる、名店の本質に迫ります。

まずは地上70階、思わず唸ってしまうほどの絶景が出迎える、美空間から至福の時間ははじまります

 古代サンスクリット語で「鉢」を意味する【Jaan】は、全40席の小さなレストランです。このお店を形容する上で外せないのが、そのロケーション。店はSwissotel Stamford(スイスホテル・スタンフォード)の70階に位置し、シンガポールで最も高層のホテル最上階から絶景を楽しめるのです。目の前にはマリーナベイ・サンズの全容を望み、その先には美しいオーシャンビューが広がります。そうした極上の空間で供されるのは、シンガポール屈指のモダンで高級なフランス料理。
 初代シェフのアンドレ・チャンは【Restaurant Andre】、2代目シェフのジュリアン・ロイヤーは【Odette】と、【Jaan】出身のシェフの華々しい活躍は、今やシンガポールのレストランシーンを牽引するほど。現在の3代目シェフ・カーク・ウェストウェイ氏の料理もまた、この最高のロケーションを借景に、世界中のグルメたちを魅了しています。

    昼はオーシャンビューの絶景、夜にはマリーナベイサンズを中心にした夜景が広がる

出身地への敬意を評したイギリスの食材や料理を、匠のモダンなフレンチに仕立てます

 古典的なフランス料理と、出身地であるイギリスの食をテーマに、現代的に取り入れるのが、カークシェフの特徴のひとつです。氏を一躍有名にしたのが、故郷・イギリスへの敬意を評したメニューの数々。例えば代表例のひとつが、フィッシュ・アンド・チップス。フィンガーフードサイズのアミューズとしてコースの最初に供されるのですが、干し鱈をミルクに1日漬け込み、ミルクに香りを移してから別々に調理するなど、驚くほどの手間をかける逸品は、クリーミーかつ上品な味わいの中に素材の旨みを極限まで引き出すなど郷土愛が伺えます。
 ほかにもアイリッシュオイスターをアーティチョークのムースとキャビアとともに味わう逸品など、自らが愛した故郷の食材を、最高のフレンチに転嫁し楽しませてくれるのです。

  • Fish & chips

  • MAJESTIC IRISH OYSTER

カーク・ウェストウェイ氏

イギリスはもちろん、世界各地から取り寄せる旬の食材に向き合い、素材の持ち味を大切に調理

イギリス南西部・デボンにある小さな海辺の町に生まれたことで、料理は常に山海の幸に対する深い敬意を捧げるのが特徴。そこに現代的なアプローチを料理に加え、自然の味をフレンチへ昇華。「サンペレグリノ・ヤングシェフ 2015」東南アジア部門で優勝のほか、ミシュランガイド シンガポール2016で1つ星を獲得。シンガポールでクリュッグ初のレストランアンバサダーに指名される。2017年アジアベストレストラン50では42位を獲得。

【Jaan】

☎+65 6837 3322
住所:Level 70, Equinox Complex Swissôtel The Stamford, 2 Stamford Road, Singapore 178882
営業:12:00~14:30、19:00~22:00
休日:日曜・祝日

この記事を作った人

撮影/菅野祐二 取材・文/大西健俊

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/15~10/21)

エリアから探す